0120-975-4780120-975-478
Column
映像制作・動画制作のコラム

2018年12月7日

映像制作において3つの大切なこと

映像制作において3つの大切なこと
今回は、映像制作についてのポイントを3つにまとめました。

1.どう演出していくか

高性能なスマートフォンの登場など、機器の進化により誰でも気軽に動画を撮影できるようになりました。それ自体は悪いことではないのですが、自分たちで映像制作をするのがあまりよくないケースもあります。やはり、ビジネスなどの大事な場で使うなら映像制作会社に依頼する方が確実であり、その理由として挙げられるのは映像制作の必要なことをしっかりと押さえてくれる点です。

映像制作をする上で欠かせないポイントは3つありますが、1つ目はしっかりとPRすべきところを引き立ててくれる点です。先にも書きましたが、個人でも映像制作をすること自体は可能であり、中にはとてつもなくクオリティの高い動画も存在します。Youtubeなどの動画サイトで、そのようなクオリティの高い動画が爆発的に視聴回数を稼ぐなんてケースも珍しくはありませんが、全体的にはアピールの面でややぶれている動画が多く、これは大きな問題です。ある商品を売り出したいのでプロモーションのための映像が欲しい、このような場合にしっかりと商品をアピールすることは意外と難しいものです。

単純に綺麗に撮影するだけならそう難しくはありませんが、そこに演出が加わると話は別であり、これは一朝一夕でどうにかなるものではありません。映画などの映像制作が難しいのは想像できるでしょうが、役者さんが出演していないシンプルな動画であっても素材のよさを引き出すのは非常に難しいのが実情です。この辺りの演出力が優れているからこそ、私たち「Shibuya Movie」は、お客様から依頼をいただけるわけです。

初めての映像制作の方にも、ご不安なくご利用いただけるよう制作の流れやご活用方法まで、
丁寧にご案内させていただきます。お客様の映像制作のゴールを達成するため
企画~撮影、完成まで専任チームが伴走いたします。

映像制作・動画制作の
お問い合わせはこちら

2.すぐに見切られないように

ある意味では複雑なこと極まりない映画よりもシンプルな映像制作の方が難しく、視聴者様の興味を惹くのは並大抵のことではありません。娯楽が溢れている現代では、作成した動画を見てもらうためには相当に工夫を凝らさなければいけません。映画を軽く見ているわけではありませんが、映画館に訪れるお客様はお金を支払っている以上、じっくりと映画を見るのが普通です。

それに対して無料で見れる映像の場合、視聴者様を惹き付ける何かがなければあっさりと見切りをつけられます。インターネット上で見れる動画だと1〜2秒でブラウザバックされるなんてケースも珍しくはなく、いかにして視聴者様に長く動画をチェックしてもらうかは非常に重要なポイントです。これは演出とも関係していますが、この最初に興味を惹き付けるテクニックは高等技術です。どうすれば視聴者様に楽しんでもらえるか、興味を持ってもらえるか、これは長年の経験による技術を活かすことで対策できます。

3.目的意識をすり合わせる

映像制作会社はいずれもプロとしての仕事を請け負うわけですが、実は我々の力だけではよい映像は作成できません。我々に依頼してくださるお客様の力も非常に重要で、意識していただきたいのは映像制作で何を目指すかという点です。ある商品を売り出したい場合、その商品が売れるようにしたいのか、もしくは商品を売り出すと同時に会社の知名度も上げたいのか、これだけでも最終形は変わってきます。ここがはっきりしていなければよい映像は作れないので、映像制作会社はお客様としっかりと打ち合わせをしなければいけません。

自分で映像を制作した場合に何か物足りないような印象を受ける、そんなケースでは何を目的として映像を制作しているかにブレが生じている可能性が高く、ここをはっきりとさせることはとても重要です。特に映像のイメージだけを先に決めるとそのような結果になりやすいので、我々「Shibuya Movie」がその辺りの目的をはっきりさせるお手伝いをさせていただきます。

初めての映像制作の方にも、ご不安なくご利用いただけるよう制作の流れやご活用方法まで、
丁寧にご案内させていただきます。お客様の映像制作のゴールを達成するため
企画~撮影、完成まで専任チームが伴走いたします。

映像制作・動画制作の
お問い合わせはこちら