0120-975-4780120-975-478
Column
映像制作・動画制作のコラム

2022年1月14日

業界別動画広告の制作のポイント~ゲーム業界編~

業界別動画広告の制作のポイント~ゲーム業界編~

今でこそ当たり前のようにあらゆる業種で利用されている動画広告ですが、中でもゲーム業界は動画広告を以前から上手に活用してきた業種であると言えるでしょう。というのも、ゲーム業界はネットの動画広告が生まれる以前のテレビコマーシャル全盛の時代から、お茶の間の話題をさらってしまうような創造性豊かなCM作品を多数産み出してきた実績があり、映像媒体の重要性やクリエティビティに対する感覚が非常に敏感で、極めて早い段階で動画広告に参入していたという経緯があります。

また、そもそもゲーム自体がパッケージ販売からインストール販売にシフトしていることや、オンラインゲームが主流になってきた流れの中で、ネットを頻繁に利用するユーザーが早い段階でターゲットになっていったという流れも、動画広告とゲーム業界の親和性の高さを証明する根拠にもなっているでしょう。
ということで今回は、ゲーム業界で動画広告を制作する際のポイントや、その利用方法について紹介していきたいと思います。

●ゲームアプリの動画広告

恐らく、みなさんがこれまでに最も目にしたゲーム関連の動画広告は、アプリゲームの動画広告ではないでしょうか。冒頭でゲーム業界はテレビCMの時代から映像媒体でのPR手法に力を入れていたという紹介をしましたが、ゲームもビジュアルがとても需要なコンテンツです。ですが、その重要なビジュアルを公に紹介する場がインターネットのない時代には極々限られており、それこそテレビCMくらいしか作品の魅力の一端を担うビジュアルを紹介する場はありませんでした。それほどゲームにおいてビジュアルや実際のプレイ映像は、ユーザーへの訴求手段として重要なもので、現在のネット動画広告でも根底にある考え方は変っていません。

ユーザーがどのゲームを選ぶのか、そのための材料として、昨今ではプレイアブルの動画広告がトレンドになりつつあります。プレイアブル動画広告とは、実際に動画上でゲームをプレイすることができる動画広告のことです。映像などでゲームの世界観を伝えるだけでなく、実際に体験版を動画広告に盛り込むことで、ユーザーにゲームの面白さを直に伝えることができます。今後はこのようなプレイアブルの動画広告が主流になっていくでしょう。

初めての映像制作の方にも、ご不安なくご利用いただけるよう制作の流れやご活用方法まで、
丁寧にご案内させていただきます。お客様の映像制作のゴールを達成するため、
企画~撮影、完成まで専任チームが伴走いたします。

映像制作・動画制作の
お問い合わせはこちら

●世界観の重要性

没入することの快感が魅力となっているゲームにとって、その世界観はとても重要なファクターです。「一体どのようなゲームなのか?」、ということと同じくらい「どのような世界観なのか?」ということをユーザーは気にしています。最近ではCGのレベルも映画並みに上がっており、ほとんど映画の予告編と遜色のない作品が多数制作されています。動画広告の制作目的として「一体どのようなゲームなのか?」ということをPRするためにはプレイ映像やプレイアブル動画広告を、「どのような世界観なのか?」ということをPRするには実際のプレイ映像とは切り分けて映画予告のような映像作品を制作するなど、目的別に動画広告を作るケースが昨今では一般になりつつあります。

●動画広告の用途

冒頭で昨今のゲームはインストール販売が主流になっているというお話をしましたが、この流れの中でゲーム内のコンテンツを後から追加するという販売やサポートの方法が今では一般的になっています。これはDLC(ダウンロードコンテンツ)と呼ばれるもので、ユーザーも新しいDLCの発表を一つの楽しみにしているような状況が常態化しています。昨今ではDLCの発表動画の視聴会が開かれ、新たな発表に大盛り上がりする様子を記録した映像自体がYouTubeでコンテンツ化しており、特にスマッシュブラザーズなどの大型タイトルではファンの熱狂する姿を見て取ることができます。これも動画広告の非常に有効な使用例と言えるでしょう。

まとめ

今回はゲーム業界における動画広告制作のポイントや利用方法について紹介しましたがいかがでしたでしょうか。ゲーム業界はゲーム自体が映像を伴ったコンテンツであるため、そもそも映像媒体との親和性が非常に高い業界です。好例や参考作品探しはテレビCMの時代まで遡ってすることができますので、是非皆さんもゲーム業界が残してきたクリエティビティの足跡を辿ってみてください。

初めての映像制作の方にも、ご不安なくご利用いただけるよう制作の流れやご活用方法まで、
丁寧にご案内させていただきます。お客様の映像制作のゴールを達成するため、
企画~撮影、完成まで専任チームが伴走いたします。

映像制作・動画制作の
お問い合わせはこちら