0120-975-4780120-975-478
Column
映像制作・動画制作のコラム

2021年10月29日

TikTokで動画広告の新しいフォーマット「Spark Ads」がリリース!広告の概要を従来のフォーマットと併せて解説

TikTokで動画広告の新しいフォーマット「Spark Ads」がリリース!広告の概要を従来のフォーマットと併せて解説

世界中で5億人以上のユーザー数を誇るTikTokは、今やSNSの主流と言えます。TikTok For Businessは、自社の投稿動画やクリエイターのコンテンツ(オーガニック動画)をネイティブ広告で訴求したい企業に向けて、新広告フォーマット「Spark Ads」(旧名称:Boosted TikToks)のグローバル展開を開始しました。

本記事では、TikTokの動画広告の特徴や従来のフォーマットと併せて、新たなサービス「Spark Ads」について解説します。

TikTokの動画広告の種類

新たなサービスの解説の前に、従来からあるTikTokの動画広告の種類について簡単にご紹介します。主な動画広告の種類は以下の3つです。

・起動画面広告
・チャレンジ広告
・インフィード広告

①起動画面広告

起動画面広告とは、TikTokを起動した際に表示される広告のことです。
起動画面広告は起動画面で画面全体に表示されるため、訴求力の強さが最大の特徴です。アプリ起動時に表示されるため誰の目にも止まりやすく、また、広告内にリンクを設置することもできるため、商材やサービスのWebサイトへ誘導することが可能です。

②チャレンジ広告

チャレンジ広告とは、企業がテーマとなるハッシュタグを用意し、そのハッシュタグに沿った動画をユーザーが作成・投稿する、SNSの特性を活かしたユーザー参加型のTikTok広告です。
企業のお題にユーザーがチャレンジするというインタラクティブな方法をとるため、企業とユーザーの一体感が生まれやすいというメリットがあり、さらに、企業が一方的に配信する広告とは異なり、ユーザーが自然と拡散してくれるスタイルの広告であるため、高い拡散性が見込める点もチャレンジ広告の大きな利点です。

③インフィード広告

インフィード広告は、投稿欄の「おすすめ」に表示される動画広告です。
インフィード広告では、他の投稿と同じように「いいね」や「コメント」がつく形となっているので、ユーザーのフィードバックを直接確認できます。また、シェアも可能なため、拡散性にも期待できます。インフィード広告は一般投稿(オーガニック動画)と同じように掲載されるため、広告だと気づかれにくく、広告特有の鬱陶しさを感じさせないのが特徴です。

初めての映像制作の方にも、ご不安なくご利用いただけるよう制作の流れやご活用方法まで、
丁寧にご案内させていただきます。お客様の映像制作のゴールを達成するため、
企画〜撮影、完成まで専任チームが伴走いたします。

映像制作・動画制作の
お問い合わせはこちら

新広告フォーマット「Spark Ads」とは

Spark Adsは、ユーザーが投稿した自社商品に関するコンテンツをブーストさせられるネイティブ広告フォーマットの新しいサービスです。ブランドや企業など広告の出稿者が、インフルエンサーなど人気のあるユーザーの投稿動画(オーガニック動画)を後押しするといったイメージでしょうか。つまり、ブランドや企業が投稿作成者の承認を得て、すでに公開されている投稿を後援するかたちで自社製品を拡散する広告フォーマットなのです。

Spark Adsを使用すると、すでに作成および投稿された動画コンテンツにブランドや企業が自社の名前または商材名を添付することができ、ブランドや企業はTikTokでバズる可能性のあるコンテンツにすばやく飛び乗り、自社の広告として活用するというスタイルです。 また一般ユーザーの投稿が口コミで広まった場合には、ブランドや代理店はアプリから直接ユーザーの承認を得て動画のスポンサーになることもできます。

新広告フォーマット「Spark Ads」を利用するとどうなる?

Spark Adsは、従来のインフォード広告と同じようにアプリに表示されます。Spark Adsで企業により一般ユーザーの投稿が選択されると、その動画コンテンツは「スポンサー付き」アラートで強調表示され、視聴者に「詳細」や「ダウンロード」などのアクションを実行するように促すボタンが表示されます。そのボタンを押すと、企業の商材のランディングページなど任意のWebサイトに移動するという仕組みになっています。
企業やブランドが、広告自体(一般ユーザーの制作したオーガニック動画)のコンテンツを変更したり、元の投稿の表示名やテキストを変更したりすることはできないので、その点は注意が必要です。

まとめ

企業やブランドが一般ユーザーによって制作された投稿に飛び乗る形で広告を拡散させるという全く新しいかたちのSpark Ads。この新しい広告では一般のユーザーがクリエイティブな動画を作っていることが要になっており、TikTokから新たなクリエイターが登場しやすい環境にためにも一役買うのではないかと期待できます。今後の展開から目が離せません。

初めての映像制作の方にも、ご不安なくご利用いただけるよう制作の流れやご活用方法まで、
丁寧にご案内させていただきます。お客様の映像制作のゴールを達成するため、
企画〜撮影、完成まで専任チームが伴走いたします。

映像制作・動画制作の
お問い合わせはこちら