0120-975-4780120-975-478
Column
映像制作・動画制作のコラム

2021年10月22日

動画広告のクリエイティブの勝ちパターンを商材別に大公開!

動画広告のクリエイティブの勝ちパターンを商材別に大公開!

動画広告を制作する際に、あらかじめ狙いを定めておきたいポイントはたくさんありますが、今回は商材にマッチした、商材を活かすための動画クリエイティブを見極めるという観点から動画制作のコツについてお話します。

ターゲティングの基本、ペルソナを明確にする

動画広告は、商材や目的に応じて適したクリエイティブが変わります。そのため、実際に制作に入る前にまずは動画広告の目的を明確にする必要があります。
例えば、企業の認知の拡大が目的なのか、商品を買ってもらうことが目的なのか、その目的を明確にすることから始めます。

そして、動画広告の制作は、ペルソナ(サービスや商品を考える上でターゲットとなるユーザー)を立てることが非常に重要です。極端な例を挙げると、30代の女性向けの商品を訴求したいときに、体験談を語っているのが60代の女性では説得力に欠けます。そのため、「誰」に「何」を訴求するのか、しっかりと考えてクリエイティブの制作に進むことが重要です。

一般的な、ペルソナの作り方は以下のようになります。
①年齢や性別、職業など詳細なユーザープロフィールを設定
②ユーザーの悩みや不安を書き出す
③ユーザーの趣味や、平日・週末の過ごし方など、どのようなことに興味があるのかライフスタイルを書き出す

このように順を追って詰めていくと、ペルソナは最終的に一人の人物像を作り上げます。ターゲットとなる一人のペルソナに響く動画を制作することで、動画の内容がよりシャープになり、結果的に多くの人の心に響く動画となります。

初めての映像制作の方にも、ご不安なくご利用いただけるよう制作の流れやご活用方法まで、
丁寧にご案内させていただきます。お客様の映像制作のゴールを達成するため、
企画〜撮影、完成まで専任チームが伴走いたします。

映像制作・動画制作の
お問い合わせはこちら

動画の構成タイプを選択する

動画広告の目的とペルソナを明確にしたら、商材と照らし合わせ、それに合った動画の「タイプ」を選択します。動画広告にはいくつかのタイプがあり、それぞれ適したペルソナや訴求方法が異なるため、目的に沿った型を選択することでその後の結果に大きく影響します。ここでは代表的な3つのタイプと、マッチする商材についてそれぞれご紹介します。

①問題提起タイプ:認知獲得目的やユーザーの問題を解決する商材に効果的
②プロダクトデモタイプ:興味喚起目的や幅広いターゲット層の商材に効果的
③ストレートオファータイプ:行動喚起に効果的

①問題提起タイプ

問題提起タイプの動画では、冒頭でユーザーが共感しやすい悩みや問題を提示し、次にその解決方法を示す構成が基本です。こちらのクリエイティブは、美容やヘルスケア系など、ユーザーの悩みを解決する商材に向いています。また、認知度が低い商品やサービスの認知を目的とした場合にも問題提起タイプは効果的です。

②プロダクトデモタイプ

プロダクトデモタイプは、商材の紹介、メリットの訴求を順序立てて行う構成です。人を選ばず、商品に興味関心を持ったユーザーにわかりやすく商品の魅力を伝えることができます。アパレルやECサイトと特に相性が良く、幅広い層がターゲットとなる商品に向いています。認知がある程度高い商材や、サービスをより詳しく伝えたい場合にも効果的なクリエイティブといえます。

③ストレートオファータイプ

イベントやセール・キャンペーンなどをストレートに伝えるタイプの構成です。セールやキャンペーンの情報は「情報そのもの」にインパクトがあるため、シンプルに伝えるだけでユーザーの興味を引くことが可能です。イベントの告知など伝える情報にインパクトがある場合は、ストレートオファータイプの動画を制作してみましょう。

まとめ

動画のクリエイティブにはパターンがあり、それぞれの特徴と適した商材をご紹介しました。特にポイントになあるのは、構成タイプの選択の前提となるペルソナの設定だと考えられます。ぜひ動画制作の一連の流れとして参考にし、勝てる動画作りに役立てていただけたらと思います。

初めての映像制作の方にも、ご不安なくご利用いただけるよう制作の流れやご活用方法まで、
丁寧にご案内させていただきます。お客様の映像制作のゴールを達成するため、
企画〜撮影、完成まで専任チームが伴走いたします。

映像制作・動画制作の
お問い合わせはこちら