0120-975-4780120-975-478
Column
映像制作・動画制作のコラム

2021年10月19日

ターゲット別・動画制作において抑えておきたいポイント【子供編】

ターゲット別・動画制作において抑えておきたいポイント【子供編】

動画制作において、その動画のターゲットを絞ることは動画を作る基礎になり、仕上げていく上で指針にもなるため、非常に重要です。今回は、子供向けの動画制作をする際のポイントと、最後に事例をご紹介します。

ポイント1:保護者の目線で構成を考える

子供向けの動画を作る場合、子供に楽しんでもらえる、注目される内容であることはもちろん大切ですが、子供が動画を視聴するシチュエーションを考えた場合、保護者と一緒であったり、保護者の許可のもとで動画を見ている可能性が高いことが考えられます。そのため、保護者が安心して子供に視聴させることができる内容であることが、子供向け動画を制作する際に心得ておきたいポイントだと言えます。

子供向けの動画で人気のYouTuberの方が公開していたアナリティクスでは、メインのユーザー層は25~40歳くらいまでの男女となっており、子供向け動画を見るのは子供であっても、保護者のタブレットを使用しているケースがほとんどであることがうかがえます。

初めての映像制作の方にも、ご不安なくご利用いただけるよう制作の流れやご活用方法まで、
丁寧にご案内させていただきます。お客様の映像制作のゴールを達成するため、
企画〜撮影、完成まで専任チームが伴走いたします。

映像制作・動画制作の
お問い合わせはこちら

ポイント2:はっきりとした見やすい色使いを心がける

男女問わず、幼少期の子供ははっきりした赤やオレンジなどの色を好む傾向にあると言われています。目を引くためにも、淡いトーンの優しい色味ではなく、パキッとした色を使用することで、子供たちに見やすい動画にすることができます。また、子供向け動画の人気の手法として、2Dアニメーションも効果的です。キャラクターのアニメーションを使用する場合にも、同様に色使いには気をつけましょう。

ポイント3:男の子向けか女の子向けか。年齢を絞って制作する

子供向けと言っても、さまざまな切り口が考えられます。動画のターゲットを絞る際にはできるだけ細やかな分類を意識し、狙いを定めることでブレない動画を制作することができます。
例えば、小学校低学年の男の子をターゲットとした場合、ヒーローものなどのキャラクターやスポーツをテーマにした動画に的を絞ることができ、未就学の女の子をターゲットにした場合、かわいくてキラキラした世界観が求められる、など、方向性をより具体的に決定することができます。

ポイント4:効果的に音(SE)、ナレーションを使用する

音で印象付けることができるのも動画制作の醍醐味です。「ぽよよよ~ん」「キラーン」「ガガーン!」など、ユニークで楽しい効果音を使って、動画をさらに面白く演出し、子供たちを飽きさせない動画制作を目指して見ましょう。効果音は、もちろん音素材を販売しているサイトで購入することもできますが、著作権フリーで無料で使用できるものも多々ありますので、ぜひ探してみてはいかがでしょうか。また、聞き取りやすいナレーションをつけることも飽きさせない要素として効果的です。その場合、通常よりもややスピードを落とした、聞き取りやすさに注意して制作しましょう。

まとめ

今回、子供向け動画の制作のポイントについてご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。わかりやすさや見やすさは、どのようなターゲットに向けた動画でも共通して押さえたいポイントですので、動画制作の際にはぜひ気を付けてみてください。同様に、動画制作の際に大切な要素として外せないのは、オリジナリティーです。
例えば、現在子供に人気のキャラクターを起用すれば、それなりに注目を集めることはできますが、他の動画との差別化がしにくくなります。反対に、今はあまり注目されていないものでも、演出次第で一眼を引くことも多々あります。是非ポイントを押さえながらも、ユニークで個性的な子供向け動画を制作してみてはいかがでしょうか。

初めての映像制作の方にも、ご不安なくご利用いただけるよう制作の流れやご活用方法まで、
丁寧にご案内させていただきます。お客様の映像制作のゴールを達成するため、
企画〜撮影、完成まで専任チームが伴走いたします。

映像制作・動画制作の
お問い合わせはこちら