映像・動画制作会社・渋谷ムービー

0120-975-4780120-975-478

Column
映像制作・動画制作のコラム

2021年9月28日

DX(デジタルトランスフォーメーション)時代に動画の活用が必要不可欠な理由

DX(デジタルトランスフォーメーション)時代に動画の活用が必要不可欠な理由

デジタルトランスフォーメーション、略してDXという言葉に聞き馴染みのない方もまだ少なくないのではないでしょうか。今回は、このDX(デジタルトランスフォーメーション)が活発に進む現在において、動画の活用が如何に重要か、必要不可欠なのかということについて解説していきたいと思います。

DX(デジタルトランスフォーメーション)とは?

まずはDX(デジタルトランスフォーメーション)とは一体なにか、ということから説明していきたいと思います。このDXという言葉は、実は2000年代に北欧の大学教授によって提唱された一つの概念のことで、ざっくばらんに言うと、わたしたちの生活におけるあらゆる場面に、進化や発展を続けるデジタルテクノロジーが介入し、わたしたちの生活を豊かにしていくという考え方のことです。

デジタルトランスフォーメーションという言葉は直訳すると、「デジタルへの変換」という意味になりますが、まさにその通りで、今まではアナログだった物事にデジタルテクノロジーが応用される、またはアナログだったものが続々とデジタルに変換されていくということを指し示しています。もっとわかりやすく言うならば、ジュール・ベルヌやジョージ・オーウェルが過去にSFとして描いた世界は、当時のテクノロジーでは不可能でしたが、現代においてはデジタルテクノロジーの発展によって実現し一般化されているモノも少なくありません。

このように、未来においてはデジタルテクノロジーが発展し、どんどんと生活が豊かになり便利になっていくだろう、というような考えを、さらに現実的な技術の進歩に重ね合わせて提唱された概念がDX(デジタルトランスフォーメーション)です。身近な例を上げると、これまでは電車に乗るのであれば切符を買って駅員さんに切ってもらい乗車していたのが、現代ではスマートウォッチを改札にかざすだけで乗車が可能になりましたが、これも一つのDXです。このようなイメージでまずはDXを理解していただければと思います。

初めての映像制作の方にも、ご不安なくご利用いただけるよう制作の流れやご活用方法まで、
丁寧にご案内させていただきます。お客様の映像制作のゴールを達成するため、
企画〜撮影、完成まで専任チームが伴走いたします。

映像制作・動画制作の
お問い合わせはこちら

なぜDX(デジタルトランスフォーメーション)に動画の活用が不可欠なのか

DX(デジタルトランスフォーメーション)は、デジタル技術による変革を指す言葉でもあります。そしてその変革がわたしたちの生活にもたらされることを考えると、実は技術があれば簡単にDX(デジタルトランスフォーメーション)を進められるというわけではないことがわかってきます。というのも、わたしたちの生活は長い年月をかけて積み重ねてきたアナログ技術によって成り立っていることが多く、場合によっては、それまでの蓄積をご破算にしてしまいかねないという意識が変革を起こす際には付き物だからです。

例えば、「DXを取り入れた新商品を開発しよう」と社内で話が上がった際、新しいものが好きな人が多く集まる会社であればそれをすぐに良しとして導入に前向きになれるかもしれませんが、新しい物に対して消極的、保守的な企業の場合、いくら便利そうでもそれを大勢の人に納得させる材料が必要になります。

そんな時に役立つのが動画です。動画であれば受け手が不安に感じることをわかりやすく豊富な情報量で説明することができます。例えば、先ほど例として挙げた「スマートウォッチを使って電車に乗車する」という新しいシステムを人や企業に売り込む時に、文章や口頭での説明ではなかなか現実味がなく、説明も困難になることが容易に想像できます。このような時に、その仕組みや実際の使い方、製造工程やコスト、かかる期間などをわかりやすく動画でまとめると理解を得ることのハードルを下げることができます。これは規模に関わらず有効ですので、例えばその仕組みを個人に解説する場合にも動画は大いに役立ちます。

まとめ

今回はDX(デジタルトランスフォーメーション)についてのお話でした。さまざまな場面で活用が進んでいる動画ですが、DXなど新しいことに対して抵抗が起きる時、その抵抗の源にある不安感を拭うためにも動画は非常に役に立つツールです。是非このようなケースでも動画の活用を検討していただければと思います。

初めての映像制作の方にも、ご不安なくご利用いただけるよう制作の流れやご活用方法まで、
丁寧にご案内させていただきます。お客様の映像制作のゴールを達成するため、
企画〜撮影、完成まで専任チームが伴走いたします。

映像制作・動画制作の
お問い合わせはこちら