映像・動画制作会社・渋谷ムービー

0120-975-4780120-975-478

Column
映像制作・動画制作のコラム

2021年7月16日

女性が多い職場にオススメ!女性に刺さる採用動画を制作するポイント

女性が多い職場にオススメ!女性に刺さる採用動画を制作するポイント

昨今では採用動画も多用化し、より多くの求職者を惹きつけるための工夫が各企業、各業界でなされています。業種や企業の特性に合わせた採用動画の制作は、優秀な人材を集めるための必須事項と言っても差し支えないでしょう。また、分業化が進む現代の働き方に合わせ、必要なスキルを持った人材など、企業はピンポイントで欲しい人材、言わばターゲットを絞った採用活動も行うようになってきました。

こうした動きを見ていると、採用動画は将来的に、ターゲットに合わせてますます細分化していく方向に進んでいきそうです。では、採用活動のターゲットを女性に絞った場合は、どのような採用動画を制作していくべきでしょうか。今回は女性に刺さる採用動画制作のポイントを紹介していきますので、女性比率の高い企業の採用担当の方には是非参考にしていただければと思います。

■ポイント① 不安を解消する

職場の雰囲気の良さや事業の紹介、企業の理念や展望など、採用動画には求職者に伝えたいことを詰め込んでいきます。こうした内容は、求職者が就職先を選ぶ上で重要な判断材料であることは間違いないでしょう。これらに加えて、女性が職場選びをするときに、不安を感じやすいポイントに注目していきましょう。誰でもそうですが、特に女性は清潔感のない職場には通いたくないものです。お洒落でかっこよくなくても構わないので、とにかく清潔で整理整頓の行き届いていることをアピールしていきましょう。業務を行うオフィスの様子を映像で伝えることや、施設案内も採用動画が担う重要な役割です。ここでは実際に従業員が働いている風景を見せ、職場の雰囲気を伝えつつ、衛生面の不安を解消しましょう。

初めての映像制作の方にも、ご不安なくご利用いただけるよう制作の流れやご活用方法まで、
丁寧にご案内させていただきます。お客様の映像制作のゴールを達成するため、
企画〜撮影、完成まで専任チームが伴走いたします。

映像制作・動画制作の
お問い合わせはこちら

■ポイント② 働き方をわかりやすく伝える

パート従業員の場合、保険などの関係で働ける時間に縛りがあるなど、諸事情でシフトに制限のかかるケースが少なくありません。従って、働き方がある程度自由に設定できる職場には人気が集まる傾向にあります。近年では、女性の働き方を広げる方向に進んでいるため、働き方の自由度については注目されています。他にも正社員登用者向けの場合、妊娠から出産期にかけての待遇などについて説明があると、安心感はさらに高まります。
自社でそのような取り組みを行っている場合には、取り組みについてわかりやすく伝えていきましょう。そのためには、実際に既存の従業員の生の声を盛り込むのも一つの案です。女性従業員が求職者の抱く女性ならではの不安や悩みに回答する形の演出は、求職者の安心感を高めることができるでしょう。

■ポイント③ 働きやすい職場であることをアピールする

誰にとっても未知の職場内の雰囲気や人間関係には不安があります。また待遇や仕事内容など、気になるところはいくつもあります。こうした問題は、いくら企業が働きやすい職場づくりを目指していても、実際には個人に依存する問題でもあるため、根深くデリケートな側面を持っています。ですから、「我が社では働きやすい職場づくりを行います」と言っても、素直に受け取れないこともあり、伝えることが難しい部分でもあります。その際、リアリティーのある従業員の声を通して求職者に伝えていくのが、伝わりやすい方法と言えるでしょう。実際に正社員でポストに就く女性従業員の話は、これから社会で活躍しようと希望を抱く若い女性求職者にとって、先輩の話=経験談として耳を傾けたくなる内容です。このように、女性が実際の体験を、女性に伝えるという方法は安心感も生みます。伝えたいことが思い付いた際には、それを伝えるのにベストな表現方法が何かということも考えるようにしましょう。

まとめ

今回は、女性に刺さる採用動画を制作する際のポイントをお伝えしてきましたがいかがでしたでしょうか。是非みなさんも、女性が何を不安に思っているか、という視点を持ってアイデアを練ってみてください。

Shibuya Movieでも採用動画の制作を承っておりますので、ご検討の際はぜひお気軽にご相談ください。
採用動画制作に関しての詳細はコチラ

初めての映像制作の方にも、ご不安なくご利用いただけるよう制作の流れやご活用方法まで、
丁寧にご案内させていただきます。お客様の映像制作のゴールを達成するため、
企画〜撮影、完成まで専任チームが伴走いたします。

映像制作・動画制作の
お問い合わせはこちら