映像・動画制作会社・渋谷ムービー

0120-975-4780120-975-478

Column
映像制作・動画制作のコラム

2021年6月15日

業界別動画広告の制作のポイント~学習塾・教室編~

業界別動画広告の制作のポイント~学習塾・教室編~

コロナ禍による影響も相まみえ、動画視聴者数、総動画再生時間数は右肩上がりに上昇し、動画広告市場の勢いは留まることをしらない状況が続いています。実際に視聴者数や再生時間数が増加していくことで、動画需要は高まり、その勢いに伴うかたちで動画広告の効果や期待値も上昇する傾向にあります。こうした傾向を受け、現在では多種多様の、以前は動画広告の出稿がほとんどなかった業種でも、宣伝手段として動画広告を取り入れる動きが活発になってきています。

今回は、業界別動画広告の制作のポイントということで、学習塾や学習教室向けの動画広告の制作ポイントを紹介していきます。学習塾業界は以前から動画広告に力を入れていた業種ですので、ライバルも多い状況です。従って、今回紹介するポイントについては是非しっかりと抑え、質の高い動画広告づくりを目指していただきたいと思います。

■利用者目線に立った内容を心がける

学習塾は子供を持つ親が対象になります。従って、学習塾や学習教室の動画広告を制作する際は、親が安心して子供を預けられると判断するのに必要な情報が詰め込まれていなければなりません。逆に考えれば、そうした必要な情報をきちんと詰め込むことが、学習塾や学習教室の動画広告を制作する際の重要なポイントだということです。では、子供の親が安心して子供を預けられると判断するために必要な情報とは何か。そのポイントを考えていきたいと思います。

初めての映像制作の方にも、ご不安なくご利用いただけるよう制作の流れやご活用方法まで、
丁寧にご案内させていただきます。お客様の映像制作のゴールを達成するため、
企画〜撮影、完成まで専任チームが伴走いたします。

映像制作・動画制作の
お問い合わせはこちら

■理念や方針がしっかり提示されているか

学習塾の掲げる理念や方針は、当然のことながら最重要事項になります。その大きなテーマのもとに、その他の小さな要素がぶら下がるかたちになりますので、このテーマの部分をわかりやすく紹介する必要があります。複雑な学習システムを売りにしている場合には、その説明に使う時間の比重を上げても問題ありません。理念や方針が曖昧なのにも関わらず、その塾へ子供を預ける親はいません。よほど大手で名前が通っており、十分な社会的信用を既に得ている場合は別ですが、それほどの規模でない場合には、じっくりと時間をかけて説明するのが良いでしょう。

■講師や従業員はどのような人か

可能であれば、実際に授業を担当する講師や、それ以外の従業員についても紹介できれば、親御さんからの信頼感はさらに高まります。どのような人員によって運営されているのか気になるのが親御さんの心理です。当然、動画広告で一人ひとり紹介することは不可能ですが、雰囲気や顔ぶれがわかる程度の内容でも、可能であれば盛り込むべきでしょう。学習塾では、授業を担当する講師だけが子供を預かっているわけではありません。親の立場からすれば、その学習塾の運用に携わっているすべての従業員に子供を預けている感覚になりますし、実際にそうした意識を従業員は持っているべきだとも思えます。塾と親御さんが円滑に信頼関係を築くための足掛かりになると考えて、プライバシーなどの問題も関わることではありますが、可能な限り内容として盛り込むべきだといえるでしょう。

■施設や設備も忘れずに

施設や設備も気になるポイントです。当然、汚かったり不衛生と思われる場所に子供を通わせたいとは思う親はいません。これらに関しては実際に通って確認してみないと確認できないことですので、動画広告で紹介されていれば安心感を高める効果も期待できるでしょう。

まとめ

今回は学習塾、学習教室の動画広告制作のポイントを紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。上記のポイントに加え、昨今の情勢においては取り組んでいるコロナ対策などについても盛り込むとよいかもしれません。そのときどきで時世や情勢の中心にあるトピックがあれば、その内容と絡めたシーンを盛り込んでもよいでしょう。特に現在のコロナ禍にはついては、まだまだ感染の危険に満ち溢れた状況が続いており、ただでさえデリケートな時期と言えます。親御さんが不安に抱く要素があれば、その部分についての実施している対応策を提示する。このような考えで親の目線に立って制作アイデアを考えてみてください。

初めての映像制作の方にも、ご不安なくご利用いただけるよう制作の流れやご活用方法まで、
丁寧にご案内させていただきます。お客様の映像制作のゴールを達成するため、
企画〜撮影、完成まで専任チームが伴走いたします。

映像制作・動画制作の
お問い合わせはこちら