映像・動画制作会社・渋谷ムービー

0120-975-4780120-975-478

Column
映像制作・動画制作のコラム

2021年5月14日

企業のブランディングムービー制作はこうやって行おう【2021年版】

企業のブランディングムービー制作はこうやって行おう【2021年版】

動画広告が担う役割の幅は、ますます拡大傾向になっています。中でも現在注目を集めているのが、企業のブランディングを動画広告で行う、ブランディングムービーの制作です。今回はこのブランディングムービーについて、制作のコツや、そもそも動画でブランディングを行うことのメリットなどについて紹介していきます。ブランディングムービーの制作を検討されていた方はもちろん、ブランディングムービーではなくてもなんらかの形で動画広告を利用してみたいとお考えの方には是非、ご一読いただきお役に立てていただければ幸いです。本記事では、「ブランディングとは何か?」と言った基本的なことから紹介していきますので、知識に不安のある方や興味を持ち始めたばかりの方にもおすすめです。

■企業のブランディングって何?

ブランディングとは、ブランドのアイデンティティとブランドのイメージをユーザーに同一のものと感じさせる活動です。つまり、ブランドの抱く理念や、商品やサービスを通じてユーザーに提供したいライフスタイルや社会的な位置づけなどのイマジナリーな要素を、実際に商品やサービスを享受するユーザーが感じる取るイメージと一致させるための活動を指します。これはある意味、商品やサービスに「ブランド」という付加価値を与えるためのイメージ戦略と言うこともできます。

例えば、オーガニックや無添加などのイメージを強調する際に、生成りのコットンやナチュラルな素材を使用した素朴な調度品で画作りが行われることが多々あります。これも一種のブランディング活動で、企業が商品やサービスに与えたいイメージをひき立てる働きをしています。他社の広告を参考にする場合には、広告媒体に関わらず、ビジュアルを用いた広告では、必ずこのようなブランディングが行われていることを意識しておくべきでしょう。

初めての映像制作の方にも、ご不安なくご利用いただけるよう制作の流れやご活用方法まで、
丁寧にご案内させていただきます。お客様の映像制作のゴールを達成するため、
企画〜撮影、完成まで専任チームが伴走いたします。

映像制作・動画制作の
お問い合わせはこちら

■ブランディングを行うことのメリット

そもそも、なぜ企業はブランディングを必要とするのでしょうか。
それは先ほどもお伝えした通り、ブランディングが商品やサービスに付加価値を与えるからです。では、なぜ付加価値が重要視されるのでしょうか。実際のところ、本当に良い品物、良いサービスだけがユーザーに受け入れられるわけではありません。商材が良ければ選ばれる可能性は高くなりますが、購買者心理はそう単純ではありません。

例えば、ポルシェやフェラ―リなどの高級車は、持っているだけで「かっこいい」、「お金持ち」、「車好き」などのイメージが自動的に付与されます。このようなイメージをプロデュースするのがブランディングの役割です。商品やサービスに付帯するイメージは、それだけで付加価値になり、購買者心理を刺激する要因になります。また、金銭的な価値に限らず、そのようにブランディングされたライフスタイルなどを好むユーザーも多く、ブランディングを行うことで、あるユーザーには相手にしてもらえなかった商品やサービスが、別のユーザーには好んで選ばれるということも起こるようになります。つまり、ある一定の方向に対して顧客層を拡げる効果が期待できるということです。

しかしながら、一方では伝えたいブランディングイメージとは相容れないユーザーがいることも頭に入れておかなくてはなりません。ですので、現時点の商品の認知度やシェアを踏まえて、ブランディングイメージの間口の広さを考えていく必要があるでしょう。例えば、現時点で認知度が低く、あまり万人受けしない商品などの場合には、敢えて刺激的で尖ったイメージを与えることで、間口は狭いながら、ある属性にはキャッチしやすいイメージを与え、小規模からジワジワと広めていく戦略を地方や中小企業などでは用いることがあります。商品やサービスもさることながら、企業自身の立ち位置についても良く鑑み、上手に付加価値を与えることがブランディングを行う際の重要なポイントです。

■ブランディング広告を制作する際の注意点

動画広告に限らず、広告に求められるのは費用対効果です。その広告を出稿することで一体どれだけの利益が生まれるのか。この広告を出稿すればどれだけの消費者の目に映り、その内の何人が興味を持ち、更にその内の何人が購入するのか。これらの数値や割合はKPI(Key Performance Indicator)と呼ばれていますが、ブランディングのために制作するブランディングムービーは、実はKPIでは効果測定が難しい動画広告です。

なぜなら、ブランディングムービーは直接的な販売促進を目的とした動画広告ではないからです。ブランディングムービーを制作する目的は、あくまでブランディング=ブランドの「イメージ」を形成することにあります。ブランディングは付加価値として、言わば商品にストーリーを与える活動であり、そのストーリーのファンを獲得することがブランディングムービーの正しい役割です。ここを誤ってしまうと、ブランディングムービーをリリースした後に売り上げが伸びなかったのを見て、動画広告としての役割に疑問を持ってしまうこともあります。そうではなく、あくまで商品やサービスのイメージを形成するために制作することを失念しないようにしましょう。

■ブランディングを動画メディアで行う意味

ブランディングを動画広告として制作することの意味はなんでしょうか。よく言われることの一つが、動画の性質についてです。他の広告媒体と比べ、動画広告は圧倒的な情報量を持っています。ビジュアル、音楽、言葉。つまり、視覚、聴覚、言語と三つの要素を備えているため、単純に伝達できる情報量が多いということです。特にブランディングでは、イメージや雰囲気など、言葉だけでは表現しづらいことを伝えなければなりません。そうなると、ブランディングにおいては動画に勝る広告媒体は他にありません。ブランディングを動画メディアで制作する意味の一つはここにあります。

もう一つは、より現実的な答えになりますが、売上に即時影響せず費用対効果の測定が難しいブランディングムービーには、比較的安価で制作できる広告媒体が適しているということです。ブランディングムービーのように認知度の向上を目的とした広告の場合には、不特定多数の消費者にアピールできるテレビCMなどが非常に効果的ですが、そもそもテレビCM自体が効果測定の難しい広告媒体であるため、その制作費用を考えると不安が残ります。

しかしながら、安価で制作でき、なおかつ動画広告の場合にはフルコミッション方式の場合が多く、無駄な費用を極力抑えることが可能です。従って、「今後のためにもブランディング活動を行っていきたいが、費用対効果がすぐに見込めない広告には費用を捻出しづらい」というよくあるお悩みに、ブランディングムービーは最適解な広告手法なのです。また、一度制作したブランディングムービーは、自社のチャンネルなどから常に無料で発信し続けることも可能で、SNSなどとうまく連携させれば非常に大きな効果が得られる可能性もあります。

■ブランディングムービーを制作する際のポイント

このころからは、実際にブランディングムービーを制作する際のポイントをお伝えしていきます。ブランディングムービーと一言で言っても、商品やサービス、業界などによってやり方はさまざまです。例えば、高級ファッションブランドの場合には、既にあるイメージの反復や踏襲、または反対に既存イメージの破壊がテーマになったりするなどさまざまですが、基本的にはクリエイティブであることが根底にある場合が多いです。一方、パチンコチェーン店などの場合には、既存のイメージの払拭のために、企業が取り組んでいる環境問題への社会活動や、地元密着などの柔らかいワードで親近感やクリーンなイメージを打ち立てようと努力しています。

このように、ブランディングムービーは制作する企業によって多種多様な形がありながらも、根底には一つのテーマを持っているというケースが多くなっています。従って、ブランディングムービーを制作するのであれば、まずは一つの基礎となるテーマのようなものを見つけるのが良いでしょう。映像の演出や構成については、企業の数だけ正解があると言っても過言ではありません。先ほどのオーガニックなイメージの一例としてお伝えしたような、基本的な傾向や雰囲気の出し方はありますが、それもあくまで一例です。商品やサービスが如何にそのテーマと結びついているか、それを映像として表現していくイメージでブランディングムービーを組み立ててゆくのが良いでしょう。

また、ブランディングムービーの重要な役割の一つとして、ターゲットの開拓があります。つまり、そのブランディングが刺さる層を意識した内容にすることを意識する必要があるということです。年齢や性別などをきちんとマーケティングし、その層に合った演出や構成を徹底するようにしましょう。ここがブレてしまうことが、ブランディングムービーを制作する上で最も大きな失敗と言っても過言ではありません。ブランディングイメージの間口が広いのであれば、それ相応に万人に受け入れやすい演出を選択するなど、間口に合った演出をしましょう。間口に対して幅の狭い演出や構成を選択するのは、実に損なことです。機会を最大限活かしきるつもりで構築していきましょう。

ブランディングムービーの事例

●伊藤忠商事

総合商社として幅広い事業を行う企業のイメージを、地球をテーマにスタイリッシュに演出しています。

●森ビル

戦後から高度成長期を経て現在にまでたどり着いた東京という街の進歩や発展を、建築を事業とする自社の成長と重ね合わせています。

●ソフトバンク

テクノロジーの進歩をベースに、実生活に役立つ発展とエンターテインメントの発展など、未来を感じさせるブランディングムービーに仕上がっており、自社の進歩的なイメージをビジュアルに具現化しています。

まとめ

今回はブランディングムービーの制作について、初心者の方にもわかりやすくお伝えしてまいりました。最後に要点をまとめて、特に重要なポイントをおさらいしていきたいと思います。

まずは、ブランディングとは何かということを理解すること。そしてブランディング広告とは何かということを理解することです。何度もお伝えしている通り、ブランディング広告は売り上げに対して即効性のある広告手法ではありません。あくまで根付かせることで認知度やイメージアップを計り、商品やサービス、さらには企業のファンを獲得していくことが目的になります。ですので、制作する際は、長期的な目線で見ていくことを忘れないようにしましょう。また、実際の制作をする際には、ターゲットを定めることが重要です。どのような層に向けて発信するのか。狙ったターゲットに刺さる内容を心掛けましょう。そして、基礎となるテーマと商品及びサービスを結びつけることに注力しましょう。

Shibuya Movieでは、企業様のブランディングムービー制作を得意としております。視聴者の頭にしっかりと残る印象的な動画制作は、是非Shibuya Movieにおまかせください。

初めての映像制作の方にも、ご不安なくご利用いただけるよう制作の流れやご活用方法まで、
丁寧にご案内させていただきます。お客様の映像制作のゴールを達成するため、
企画〜撮影、完成まで専任チームが伴走いたします。

映像制作・動画制作の
お問い合わせはこちら