映像・動画制作会社・渋谷ムービー

0120-975-4780120-975-478

Column
映像制作・動画制作のコラム

2021年5月11日

映像制作を格安で外注する場合はこの点に注意!

映像制作を格安で外注する場合はこの点に注意!

動画広告を取り入れる企業がますます増加しています。この記事を読んでいただいているマーケティング担当者様の中にも、動画広告など映像制作を検討されている方がいらっしゃるのではないでしょうか。昨今ではその市場規模の拡大にともない、映像制作会社の数も急増し、そのため以前と比べると非常に低コストで制作依頼をおこなえるような環境になってきています。しかしながら、中には制作を依頼したものの、
「想像していた映像とはほど遠いものを納品された・・・」
「著作権についてちょっとしたトラブルが起きてしまった・・・」
というケースも増えてきているようです。
ということで今回は、映像制作を外注する際の気を付けるべきポイントをご紹介してまいります。

■広告プランを明確にすること!

動画広告は、広告プランの中の一つの要素であることが通常です。動画広告とともに連動させようと検討しているその他の要素についても、動画制作を依頼する際にはきちんと伝えることが重要です。その広告プランにとっての動画広告の役割を制作会社に伝えるのと伝えないのとでは、制作会社側からの提案内容が大きく変わります。そうした全体のイメージの共有は早い段階からおこない、互いのイメージに齟齬がない状態を作りましょう。動画広告においても映像表現はさまざまで、実写での撮影、CGアニメーションの活用など、選択肢は多岐にわたります。その中で制作会社も、プラン全体を見渡した中で最適なものを提案しようと努力します。反対に、広告プランの聴き取りが打ち合わせの段階でなかった場合には、少々注意が必要かもしれません。打ち合わせの序盤では、発注サイドからもできるだけ情報を提供しながら、制作会社の対応にも注意を払いましょう。

初めての映像制作の方にも、ご不安なくご利用いただけるよう制作の流れやご活用方法まで、
丁寧にご案内させていただきます。お客様の映像制作のゴールを達成するため、
企画〜撮影、完成まで専任チームが伴走いたします。

映像制作・動画制作の
お問い合わせはこちら

■費用感の擦り合わせもしっかり行う

動画広告の中でも比較的に低コストで制作できるのがCGアニメーションを活用した作品です。というのも、かかる人件費や機材費が、ロケやスタジオのレンタルが必要な実写での撮影と比べると安上がりに済むためです。当然、各制作会社がそれぞれの費用感を自社サイトで提示しているかと思います。まずはそうしたサイトをいくつか確認して、実際の費用感を参考にしながらアイデアを練っていきましょう。そうでなければ、最悪の場合、練りに練った動画広告プランが打ち合わせの段階で、コストが原因で白紙になってしまう可能性もあります。もちろん、プランが何もない状態からでも、それを伝えることで一緒にプランを検討してくれる動画制作会社がほとんどだと思いますので、その点は安心していただいて問題ないかと思います。

■著作権は基本的に制作会社にあることに注意!

動画関連の著作権は、実は少々複雑です。依頼する側がすべての費用を負担したとしても、契約の時点で特別に決まりを設けなければ、著作権は制作した会社が保有するのが一般的です。依頼した側に与えられるのは使用権などの権利で、完成後の作品はいくらでも自由に扱って良いということにはなりません。このポイントに関しては過去にピックアップして記事にしていますので、是非参考していただければと思いますが、動画制作の依頼が初めての場合には特に注意深く、依頼者側と制作会社側で認識の齟齬がないように進めていくようにしましょう。

映像制作時に知っておきたい、動画の著作権について

■過去の制作事例やサービス例を確認する

制作費用が格安であるのには、やはりそれなりに理由があります。手間や人件費を削ることでコストを抑える場合が多く、例えば制作する動画のフォーマットがあらかじめできており、それに素材をはめ込むだけといった方法だと非常に低価格での制作が可能です。しかし、そういった汎用性のあるサービスではオリジナリティのある動画は作れません。制作会社の事例を見て、希望のイメージに近い制作がなされているかをチェックすることが発注するかどうかを決める1つの着眼点にするのが良いでしょう。

まとめ

格安の制作会社に外注する際には、事前にホームページで確認できることはよく確認し、プランを立てること。プランの全体像を制作会社と共有すること。そして、著作権については齟齬のないように確認をすること。まずはこのポイントを抑え、動画制作を円滑に行えるように備えていきましょう。
Shibuya Movieでは、一つ一つの工程を丁寧かつ明確にしながらプロジェクトを進めてまいります。過去の事例などを交えながら、貴社にとって最高の作品ができるようサポートさせていただきますので、まずは一度イメージをお聞かせください!

初めての映像制作の方にも、ご不安なくご利用いただけるよう制作の流れやご活用方法まで、
丁寧にご案内させていただきます。お客様の映像制作のゴールを達成するため、
企画〜撮影、完成まで専任チームが伴走いたします。

映像制作・動画制作の
お問い合わせはこちら