映像・動画制作会社・渋谷ムービー

0120-975-4780120-975-478

Column
映像制作・動画制作のコラム

2020年9月1日

IR・株主総会向けの動画はこうやって作る!

IR・株主総会向けの動画はこうやって作る!

昨今では企業のIR活動の一環として動画を制作するのが当たり前になってきました。各企業は制作した動画を自社サイトやYouTubeへアップロードし、いつでも株主や投資家が確認できるようにしています。多くの場合、その内容は入口的な、会社概要をわかりやすくまとめた内容になっています。

今回はそんなIR・株主総会向けの動画制作のポイントを実際の事例と合わせてわかりやすく紹介していきますので、これから動画の制作を考えている方や制作したことはあるけれど改善策に悩んでいるという方は、是非参考にしてみてください。

Chatwork

ビジネスシーンのコミュニケーションを円滑にするチャットツールを提供するChatWorkのIR動画は、IR動画の基本的な要素が詰まった好例と言って差し支えないでしょう。

まずは動画の流れを解説します。まず初めに、現在のビジネスシーンで問題となっている、または改善の余地がある事象を説明し、自社製品がその解決に有効なサービスであることを、主軸サービス内容を説明しながらしっかりと示しています。

Chatworkといえば今やかなり知られているサービスではありますが、実際に触れたことのない方のために、どのような機能を備えているかということを丁寧に紹介しています。IR動画でついやってしまいがちなのが、こうした製品の紹介を詳しく行わずに数値的な内容ばかりに終始してしまうことです。

まずはメインサービスがどのような製品なのかということを、投資家の方にわかりやすく説明してイメージを持ってもらうことが重要です。というのも、多くの投資家は現在のサービス内容を踏まえて企業の今後の発展をイメージするからです。

次に、実際の導入事例や導入推移を紹介し、これまでの実績と製品の質の高さをつなげてイメージしてもらえるように構成しています。最後は、主軸製品の発展形や、企業の動向の基盤となる理念を紹介し、将来性について示したところで動画は終了となっています。

このように、パートが移り変わる際に前後のパートが関係しあう構成にすることは、視聴者に理解を促しイメージを膨らませることができる良い方法だと言えるでしょう。
また、この動画の見せ方でもう一つ取り上げるべきことは、全編CGアニメーションで構成していることです。

この動画のように短い時間の中でいくつかの項目を説明する場合には、CGアニメーションが非常に有効な手段となります。サービスの内容や推移のグラフなどを視覚的にわかりやすく捕えることができるのも一つですが、アニメーションの良いポイントは、実写などと違い場面を切り替えずに流動的な画作りを行うことができるため、視聴者が前後のパートの関連性を視覚的にも繋げて考えやすくなるという点です。

以上のように、ChatworkのIR動画は基礎を抑えた良い内容となっていますので、参考にしてみると良いでしょう。

エボラブルアジア

エボラブルアジアは旅行商品販売やIT開発など複数の事業を営む企業です。動画の内容や構成自体は前項で紹介したChatWorkのIR動画と似ており、CGアニメーションを全編で使用した動画となっています。しかし、エボラブルアジアの場合は複数の事業を展開しているため、それぞれのサービスをごちゃごちゃにならずにわかりやすく紹介する必要があります。

エボラブルアジアはそれぞれの事業を色分けして区切ることで、視覚的にわかりやすく紹介することに成功しています。複数の事業を展開する企業の場合は、このような方法を取り入れることで、メリハリの付いた動画を制作することができるので参考にしてみてください。

まとめ

今回はIR動画について紹介しましたがいかがでしたでしょうか。基本的な動画の流れやCGアニメーションの使い勝手の良さについてはお分かりいただけたかと思います。前後のパートを関連させることで、視聴者にイメージさせやすい動画にすることがポイントですので、是非意識して動画制作をおこなってみてください。