映像・動画制作会社・渋谷ムービー

0120-975-4780120-975-478

Column
映像制作・動画制作のコラム

2020年6月19日

こんな会社で働きたい!リクルート向け動画が面白い企業5選

こんな会社で働きたい!リクルート向け動画が面白い企業5選

新卒者向けリクルート動画は、企業の採用活動においてもっとも重要な役割を担うコンテンツとされています。魅力的な動画を制作しようと毎年各企業が工夫を凝らししのぎを削る、映像業界の中でも熱いコンテンツとなっています。

採用活動がなかなかうまくいかない、応募者がなかなか揃わない、とお悩みの採用担当の方のために、今回はこれまでに制作された魅力的なリクルート動画5選を紹介します。それぞれの動画のポイントを解説と併せて紹介するので、皆さんのアイデア出しのヒントにしていただければと思います。

日本マイクロソフト

こちらは日本マイクロソフトが2019年に制作した新卒者向けの企業紹介動画です。前年の新卒者が制作した動画となっており、おそらくお手製で制作された映像と思われます。よって難しい技術は使われておらず、むしろ演出はすべて人力で行われていると見て間違いないでしょう。このように低予算でも企業の施設やイベント、研修風景などの雰囲気を伝えられると言うことがわかります。また、新卒社員が制作することで、よりターゲットに寄り添った内容なっているとみることもできるでしょう。

コロプラ

ゲームアプリの制作を行うコロプラのリクルート動画は連作になっています。メッセージ毎に動画を小分けにすることで、短く見やすい尺に収めると同時に、視聴者の集中力の維持を可能にしています。たくさんある伝えたい内容をなんとか一本の動画にまとめようとすると、尺の長いごちゃごちゃとした動画になってしまいがちです。コロプラのリクルート動画では、しっかりメッセージ毎に動画を分けることで、視聴者の集中力の維持を助けながら、「次はどんな内容なんだろう?」と好奇心さえも抱かせる仕組みになっています。メッセージが多く散漫な動画になってしまいそうと感じた場合は、小分けにするのも一つの方法です。

吉本興業

もともと学校だった建物を利用した本社を中心に、そこでの働き方や雰囲気をメッセージとともに打ち出しています。一見すると目立つところのない動画のように思えますが、学校だった建物を本社に利用するという発想がすでに面白く、会社内に溢れるクリエイティブな雰囲気をそのまま写すことで、十分に面白い映像になっています。被写体となる素材そのものが面白い場合には、余計な工夫をせずとも魅力的な動画に仕上がるという良い例でしょう。

森下仁丹

第四新卒採用という新たな採用の取り組みを掲げた森下仁丹のリクルート動画です。「おっさん」というキーワードを中心にモノクロで描かれた本作品からは、哀愁とともにその内に燃える「諦めない力」を刺激するような、「おっさん」の底力を求めるという強いメッセージを感じ取ることができます。話題性を呼ぶ面白い動画には、このように視点を変えた取り組みから生まれる斬新さが必要不可欠なのかもしれません。この動画のように、消えそうだった火が再び強さを取り戻すような、視聴者に勇気を与える動画制作ができると視聴者をグッと引きつけることができます。

ソニーミュージック

時代を変える、新たなことに取り組むという姿勢を戦国時代風のアニメーションでメッセージ性を強めたソニーミュージックの本作品は、既成概念に縛られず新たな発想で面白いことに挑戦しようとする若者に勇気を与える内容になっています。社風とともに懐の深さも感じさせる本作品は、森下仁丹の事例とは作風こそ違えど、その根底では通ずるものがあります。

まとめ

リクルート動画と一口に言っても、会社によって作風はさまざまです。自社のイメージと求める人物を明確にし、当たり障りのない紹介動画ではなく、振り切った内容で勝負してみるのも一つの手ではないでしょうか。紹介した動画と解説が、皆さんの動画制作のヒントになれば幸いです。
Shibuya Movieでは、新卒向けのリクルート動画制作も承っております。一緒にインパクトのある動画を制作し、魅力溢れる人材を獲得してみませんか?