映像・動画制作会社・渋谷ムービー

0120-975-4780120-975-478

Column
映像制作・動画制作のコラム

2020年5月29日

受験生に刺さる映像を作る!学校紹介の動画制作のコツをご紹介

受験生に刺さる映像を作る!学校紹介の動画制作のコツをご紹介
少子化が進み受験希望者が定員に達しない学校が激増する中で、学校側からの受験生に対するアプローチの方法は大きく変化してきました。説明会や見学会、体験型のイベントなどの従来型のプレゼンテーションとともに、多くの学校が導入し実際に効果を上げているのが学校の紹介動画を制作し、ネット上でオープンにするという手法です。現在のスマホネイティブの子供たちにとって動画というコンテンツは、SNSなどで溢れる重要な口コミ情報の中から簡単に拾って、時間や場所を選ばずに気軽に視聴することができる最も手軽な情報コンテンツの一つです。もはや新しい生徒を獲得するためにインターネットはもちろんのこと、動画やSNSなどのコンテンツを利用しない手はありません。今回は学校紹介動画を制作することのメリットや実際の事例などと合わせて、学校紹介動画を制作する際のコツをご紹介していきます。

・学校紹介動画のメリットとは

パンフレットなどで吟味をしながら実際に見学に行き雰囲気をチェックする、という流れが一般的でしたが、現在では多くの受験生が紹介動画を参考に見学する学校を決めていると言われています。もちろん紙媒体のパンフレットが悪い、というわけではありませんが、より短時間で多くの情報が得られるのはやはり動画コンテンツです。また、動画であればYouTubeなどのオープンなサイトにアップロードしておくことで、いつどこであってもスマホがネット接続してさえいれば視聴することができ、内容が評価されれば口コミで広がるのも非常に早いという利点があります。いちいちパンフレットを取り寄せる必要がなく、即座に家族や同じ受験生の友人と共有できる手軽さは最大の利点の一つと言えるでしょう。また、コストという面でみても、制作したものをネットにアップロードするだけで良いわけですから、その後のランニングコストがかかることもなく、ほぼイニシャルコストだけで済んでしまうというのも魅力の一つと言えるでしょう。

・受験生に刺さる内容とは

制作する際に最も重要なことは、「パンフレットで足りていないものは何か?」を考えることです。それまでに制作していたパンフレットの内容が良くないせいで生徒が集まらない、ということではなく、よりパンフレットに臨場感を持たせるにはどうすれば良いか、という考え方で制作していくことで、それぞれの相乗効果を生み出すことができます。基本的には視覚的な要素が最も重要なポイントになると考えて良いでしょう。実際の授業風景や施設の紹介、部活動の様子や各種イベントを動きのある映像コンテンツで伝えることをメインとして、学校の理念や学長の言葉など紙媒体でも十分に伝えられる要素はできるだけパンフレットの役目にするべきでしょう。実際に生徒がどのような環境でどのように学校生活を送っているのか。学校周辺の様子や最寄り駅までのアクセスなど環境に関する情報も有効です。このような情報を数分間で伝えられるのは、やはり動画コンテンツならではの魅力です。パンフレットで数枚の写真をみて見学や受験の判断をすることがシチュエーションとして難しい受験生がいることを念頭におきながら、より多くの受験生に魅力を伝えられるように心がけましょう。

■事例

錦城学園

こちらは軽快な音楽に合わせてドローンが校舎内を飛び回り、活発で楽しげな生徒の様子を映し出した作品です。飛び回るドローンが同時に校舎施設の作りも紹介するようなかたちになっており、しっかりと要素を抑えながらハツラツとした楽しい印象を視聴者に与えます。

東大阪大学柏原高等学校

こちらも大きくきれいな学校施設をCGも交えながら紹介しつつ、部活動や授業風景などのパンフレットではイメージしきれない部分を抑えた作品になっています。

まとめ

もはや学校紹介動画がないということが、生徒の集まらない致命的な要因になっています。それぞれの学校の個性を出しながら以上のポイントをおさえて、是非、学校紹介動画の制作をご検討ください!