映像・動画制作会社・渋谷ムービー

0120-975-4780120-975-478

Column
映像制作・動画制作のコラム

2020年1月28日

おしゃれでユニーク!話題になったファッションブランドの動画コンテンツをご紹介

おしゃれでユニーク!話題になったファッションブランドの動画コンテンツをご紹介

ビジュアルのインパクトだけでなく、動きやストーリー性で視聴者の関心を引きつけることができるのが動画コンテンツの面白さであり強みです。そしてその強みは「見た目」と「イメージ」を特に大切にするファッションブランドととても相性が良く、そのためファッションブランドが動画コンテンツを公開するのは今や当たり前の時代です。

そしてそれらの動画はそれ自体からまったく新しい表現を見ることができる注目すべき内容のものが多いのも特徴です。今回は、特にユニークで話題になったファッションブランドの動画コンテンツを注目すべきポイントとあわせてご紹介します。

Valentino Garavani – Candy Stud Factory

まずご紹介するのは、ミラノを拠点としたハイファッションブランド「ヴァレンティノ」の動画広告です。スタッズのついたバッグのコレクションと、そのポップアップショップのために全て3DCGで製作された動画はとにかく可愛いです。巨大なケーキの内部がファクトリーのような仕掛けになっていて華やかなバッグがまさにスイーツのように登場します。このようなドリーミーな世界観を可能にしているのは3DCGならではの表現です。

Balenciaga Winter 19 Campaign

続いては、ここ最近若年層からも大きな支持を得ている老舗ファッションブランド「バレンシアガ」のコンセプトムービーをご紹介します。
いきなり監視カメラの映像から始まるので一体何の映像かとびっくりしますが、監視カメラの視点のまま映像は続き、登場人物が入れ替わりながらさまざまな愛の形について抽象的な言葉で綴られています。この映像を監督したのはエド・フォーニレスというイギリス出身の若手アーティストで、実際のカップルの実体験をそのまま映像に使用しているそうです。モノローグのみの音声と、他社のプライベートを覗き見るような監視カメラの視点は奇妙な魅力を放っています。美術家をディレクターに起用し、斬新な表現でブランドイメージを創り出すバレンシアガの戦略は他のブランドと一線を画すことに成功しています。

Balenciaga Summer 19 Show

続いてもバレンシアガからのご紹介。こちらはファッションショーの記録映像ですが、注目していただきたいのはコレクションショーのランウェイへ投影されたプロジェクションマッピングの映像です。お洒落で美しいというより、まるで地獄の入り口のような強烈なインパクトを受けます。
こちらを監督したのはカナダ出身の現代美術家ジョン・ラフマンです。ジョン・ラフマンはインターネットのバーチャルなイメージや神話などを用いて半ば悪夢のような映像作品を手がけるなど今大注目のアーティストですが、そういったアーティストの強烈なイメージをファッションショーに起用するなど、バレンシアガが今若年層にも注目されている理由を感じることができます。

쿤스트슬랩 – KUNSTSLAAP (BLAND fashion film_phone Version)

続いては韓国発のアイウェアブランド「KUNSTSLAAP」の動画広告をご紹介します。ターゲットになる若年層に向け、スマートフォンで視聴するサイズの映像です。レトロな雰囲気が逆に新鮮に感じるようなこの映像は、画質のエイジングや色味の調整が絶妙で、ついつい見入ってしまう内容です。古さを新しさに変えるブランドイメージともぴったりです。

Marilyn and N°5 (30″ version) – Inside CHANEL

次にご紹介するのは、もはや伝説とも言える、マリリン・モンローとシャネルの5番(香水)についての逸話をそのまま広告に用いた動画コンテンツです。マリリン・モンローがとあるインタビューに答えた実際の音声をそのまま起用し、今尚色褪せないセクシーで鮮烈な印象を受ける内容です。

映画『We Margiela マルジェラと私たち』予告

最後にご紹介するのは動画コンテンツではなく映画です。現在も高い人気を誇る「メゾン・マルジェラ」のデザイナー、マルタン・マルジェラの功績を語った内容ですが、有名なデザイナーでありながら素顔を出さないミステリアスな存在であるマルタン・マルジェラを周囲の人が語り継いでいくという構成は映画としても見応えがあります。ファッション界の歴史や内部の様子を見ることができるのも面白いです。

今回ご紹介できたのはほんの一部ですが、3DCGやプロジェクションマッピングなどの最新技術から、伝説のようなインタビュー音声の起用、はたまた監視カメラを用いた演出など、常に新鮮で面白いファッションブランドの動画コンテンツ。今後も目が離せません。