0120-975-4780120-975-478
Column
映像制作・動画制作のコラム

2022年4月26日

動画広告でPDCAを上手に回すためのコツや進め方を解説

動画広告でPDCAを上手に回すためのコツや進め方を解説

動画広告市場の急速な拡大に伴い、動画を活用したコンテンツマーケティングを強化する企業が増加しています。動画広告やその情報量が増大する中、競合に負けず顧客やターゲットに情報を届けるためには、継続的にPDCAサイクルを回したマーケティング活動が必要だと言われているためです。
本記事では、PDCAの基礎知識と、動画広告でPDCAサイクルを上手に回すためのコツや進め方を解説します。

●PDCAとは

PDCAとは、下記の頭文字を取ったもので、計画から改善までを1つのサイクルとして行います。

・Plan=計画

・Do=実行

・Check=評価

・Action=改善

PDCAサイクルとは管理業務や品質管理の効率化を目指す手法で、計画から改善までを1サイクルとし、何度もサイクルを回し続けることで精度を高めていくので1度で終わらず、何度もサイクルを回すことが重要です。また、実行した後は必ず評価を行い、改善につなげることが大きなポイントとなります。

PDCAにとって大切なことは、計画を実行した後は必ず、例え失敗しても評価を行う点です。それは計画を実行しただけでは、問題点は改善されないという考えがベースにあるためであり、どのような方法で実行したときに成功または失敗したのか、その結果を評価し続けると目標の数値に近付く仕組みになっているのです。

初めての映像制作の方にも、ご不安なくご利用いただけるよう制作の流れやご活用方法まで、
丁寧にご案内させていただきます。お客様の映像制作のゴールを達成するため
企画~撮影、完成まで専任チームが伴走いたします。

映像制作・動画制作の
お問い合わせはこちら

●動画広告にPDCAが重要な理由

動画広告の効果を最大化させるには、PDCAを高速に回すことが非常に重要だと考えられています。一般的に動画は見られる回数が多くなるほど効果が薄れていくので、PDCAを定期的に行い、動画クリエイティブを改善する必要があります。Google広告やYahoo!広告では、ディスプレイ広告や動画広告が同じユーザーに向けて表示される回数を制限するフリークエンシーキャップ機能で調整できますが、より効果を高めるためには、動画クリエイティブを飽きさせない継続的な工夫が大事です。

例えば、同じ内容の動画でも冒頭のキャッチコピーや色使いを変えたり、人物を登場させたりするなど、構成や長さ、音声、デザインを少しずつ変えて徐々に改善していきます。もしPDCAサイクルを回さずに放置してしまうと、機会損失に繋がる恐れさえあるのです。どのように動画クリエイティブを改善するのが効果的かを分析し、長期的なプロジェクトとして捉えながら魅力的なコンテンツを作っていきましょう。

また、動画広告のPDCAサイクルを回すことで、最適な動画構成を検証することができます。動画構成を最適化できていない場合には、ユーザーが途中で離脱する可能性が高まります。例えば、TVCMと動画広告やSNS動画投稿では、視聴する環境・状況が大きく異なります。TVCMの場合は、番組を視聴している流れからしっかり視聴する姿勢ができていますが、動画広告は、Twitterならスクロールされたり、YouTube動画広告ならスキップされるなど、ユーザーにとって動画広告が邪魔者に感じられてしまいます。

テキストや画像の場合は、飛ばし読みが可能ですが、動画は飛ばすことができないため、スクロールやスキップされてしまうと、伝えたい情報が伝わらないまま機会を逃すことになります。そこで、ユーザーが離脱する前に必要な情報を伝えて、シェアや商品の購入などのアクションに繋げてもらえるように、PDCAを回して動画構成を修正することが重要と言えます。一つ一つの動画の構成を見直すのは時間がかかりますが、やればやるだけ改善されていきます。

まとめ

動画は視聴者に伝えられる情報量が多い一方で、最適化を目指す際の分かりづらさがあります。ユーザーが途中で離脱しないような動画制作を実現するためにも、動画クリエイティブを少しずつ調整していくこと、地道とも言えるPDCAサイクルに注目してみてはいかがでしょうか。

初めての映像制作の方にも、ご不安なくご利用いただけるよう制作の流れやご活用方法まで、
丁寧にご案内させていただきます。お客様の映像制作のゴールを達成するため
企画~撮影、完成まで専任チームが伴走いたします。

映像制作・動画制作の
お問い合わせはこちら