0120-975-4780120-975-478
Column
映像制作・動画制作のコラム

2022年4月19日

Z世代は動画広告に嫌悪感なし?最新の調査から見えてくる、Z世代に向けた動画広告戦略

Z世代は動画広告に嫌悪感なし?最新の調査から見えてくる、Z世代に向けた動画広告戦略

Z世代という呼び名を耳にしたことはありませんか。特にマーケティングではミレニアル世代やZ世代をターゲットとした戦略など、最近話題になっています。本記事では、Z世代の特徴やZ世代の動画視聴傾向、Z世代に刺さる動画のポイントについて解説します。

●今さら人に聞けないZ世代とは?

Z世代とは、1990年後半から2000年代に生まれた人を指す言葉です。もともとアメリカでは、1960~70年代に生まれた人をX世代、通称「ジェネレーションX」と呼んでいました。その後、約10年単位で誕生する次世代をアルファベット順に呼び、ミレニアル世代であるY世代の次に現れたのがZ世代となります。つまりZ世代は2022年現在10代〜20代初頭の人たちということです。

初めての映像制作の方にも、ご不安なくご利用いただけるよう制作の流れやご活用方法まで、
丁寧にご案内させていただきます。お客様の映像制作のゴールを達成するため
企画~撮影、完成まで専任チームが伴走いたします。

映像制作・動画制作の
お問い合わせはこちら

●Z世代の特徴

Z世代は物心がついたときからすでにデジタル技術が発達しており、インターネットやオンラインの世界に慣れ親しんでいるという点が特徴です。Web検索を巧みに使って情報収集をし、主なコミュニケーションはSNSで行うなど、ライフスタイルの中心にデジタル技術が存在している世代です。また、インターネットネイティブであるがゆえに、リアルな体験への関心度が高いという特徴も挙げられます。インターネットやスマホなどのデジタル世界が身近にあったことから、逆にリアルな体験を求めるという側面があるのです。過去の文化に対しての憧憬も強く、アナログ志向を持つZ世代も多いと言われています。

Z世代の金銭感覚は保守的で、「間違えたものを買いたくない」という思いが他の世代よりも強いのが特徴です。そのため消費行動を起こす前に入念に情報収集を行うという傾向があり、SNSを活用して口コミを確認することはもちろん、自分自身が信頼している人からの評価などもチェックするなど、消費行動はかなり慎重と言われています。

●Z世代の動画広告に関する意識

デジタルマーケティングを手がけるCandee社が行った調査によると、Z世代の6割以上が「Twitterの動画広告」に嫌悪感を感じないと回答し、更にそのうち2割以上はポジティブな印象を持っていることが判明しました。また、Twitterの動画広告にポジティブな印象を持っている人の5割以上が、動画広告をきっかけに「購入・アプリのインストール」の経験があると回答しました。ついつい見てしまう広告のコンテンツとしては「自分用にカスタマイズされた広告」が54.2%で最多となり、次いで「ゲームコンテンツ」と「動画や映画の予告コンテンツ」が41.7%と同率の結果となりました。一方、Twitterの動画広告にネガティブな印象を持つ理由としては「全く興味のない広告ばかり流れている」や「見たいものがあるにも関わらずなかなか辿りつけない」などが挙がっています。

●Z世代に響く動画制作のポイント

Z世代の約7割がユーザーがスマホでの視聴に特化した縦型かつ60秒という短尺の『ショート動画』を視聴しているという結果が出ており、どのプラットフォームにおいても「週5日以上ショート動画を利用する」人は35%以上となっています。このことは、Z世代がネットを使用する際にスマートフォンを使う割合が圧倒的に高いことが関与しています。またSNSで動画を視聴している点と自身が体験できる形のキャンペーンにも興味が強いことから、それらをキーワードとした動画制作が有意義だと言えます。

まとめ

デジタルネイティブであるZ世代にとって動画はインフラのようなものだと言えます。その中で興味を惹くためには、より綿密なリサーチによってターゲットの趣向にカスタマイズすることは欠かせません。また、アナログ嗜好に響くようなレトロな演出や、体験を重視したインタラクティブな動画は好感を持たれることが考えられます。これらのポイントを押さえながら、Z世代にリーチするアイデアを動画にしてみてはいかがでしょうか。

初めての映像制作の方にも、ご不安なくご利用いただけるよう制作の流れやご活用方法まで、
丁寧にご案内させていただきます。お客様の映像制作のゴールを達成するため
企画~撮影、完成まで専任チームが伴走いたします。

映像制作・動画制作の
お問い合わせはこちら