0120-975-4780120-975-478
Column
映像制作・動画制作のコラム

2022年3月25日

記憶に残る動画広告や映像を作るコツを事例とともに解説

記憶に残る動画広告や映像を作るコツを事例とともに解説

動画市場は、日々たくさんの動画や動画広告が作られて発信され、拡大の一途を辿っています。新陳代謝のサイクルもスピードアップした分、どんなに力を注いで作ったところで日の目を見ない動画もたくさんあるのが現実です。その中でも注目され記憶に残る動画にはどのような魅力があるのでしょうか。本記事では、記憶に残る動画を作るコツを事例とともに解説します。

●Heinz Draw Ketchup

世界中で愛されているケチャップで有名なハインツの動画広告です。協力者に「目を閉じて、ケチャップというものを思い浮かべてください。」という問いかけをし、思い浮かんだケチャップボトルを描いてもらう実験的なこの試みは、エージェンシーRethink Canadaによるハインツの「Draw Ketchup」キャンペーン動画です。人々にケチャップを描くように求め、結果的に多くの人々がブランドの認知度を高めるために落書きをしたという、遊び心あふれる動画です。一般の消費者やユーザーの協力を得ながらドキュメンタリーのようなラフさでブランディング動画を作り上げるセンスはさすがです。消費者サイドに開かれた、クスッと笑えるキャンペーン動画は記憶に残ります。

初めての映像制作の方にも、ご不安なくご利用いただけるよう制作の流れやご活用方法まで、
丁寧にご案内させていただきます。お客様の映像制作のゴールを達成するため
企画~撮影、完成まで専任チームが伴走いたします。

映像制作・動画制作の
お問い合わせはこちら

●Zillow – Susans (60 sec)

アメリカの大手不動産会社Zillowの動画広告は、ユニークな発想で大きなインパクトを生んでいます。広告に登場する女性スーザンは、ネガティブなスーザン、自発的なスーザン、偏執的なスーザン、怠け者スーザンなど、さまざまなバージョンの自分自身と会議をし、家を売り、新しいものを買うという大きな決断をします。たくさんの自分が登場するイメージはユニークですが、ここで描かれていることは、誰にでも頭の中で経験のあるとても親近感のある状況です。Zillowは、半ばシュールなこの動画を通して消費者が不動産に対して一般的に抱いている不安に対し、親近感をもって取り組む姿勢をアピールしています。動画制作をする際、ユーザーは商材に対してどのように考え、何に悩んでいるかを理解することで、魅力的で適切な動画広告を制作できるのではないでしょうか。

●Say Goodbye to Awkward Chats with AT&T Fiber | AT&T

ビデオ電話やビデオ会議が一般的になった今、ビデオ接続の悪さがもたらす気まずい瞬間は誰もが経験したことがあるのではないでしょうか。大手通信会社のAT&Tが公開したこの広告では、新米ママが妹に新生児を紹介する様子が描かれています。残念なことに、赤ちゃんが画面に登場したところで、妹の信号が遅れ、運悪く妹の顔が嫌悪感を示している瞬間にフリーズしてしまいます。姉は自分の赤ちゃんについて何か良くない意味があるのだと受け取ってしまいます。この広告の凄さはたった30秒で、日常で起こることを、面白く共感できる広告に仕上げている点です。優れた広告は私たちの平凡な生活の一部分から生まれるという素晴らしい例です。

●You Can’t Stop Us | Nike

2020年7月30日にナイキがインターネットで公開したキャンペーン動画「You Can’t Stop Us」(私たちを止めることはできない)は、24種目のスポーツをプレイする53人のアスリートによる実映像を左右半分に割った画面の両側に配置し、まるでひとつの映像であるかのようにマッチングさせた力強い動画広告です。
左右異なる動画が見事にリンクしつながって見えることで、「私たちは1人ではない」という連帯のイメージがより強固に浮かび上がります。素晴らしいアイディアと抜群の編集センスによって作り上げられた動画は強く記憶に残ります。

まとめ

さまざまな動画を見ることは動画制作のスキルアップの基本でもあります。ぜひ、アイディアを参考にして記憶に残る動画制作に挑戦してみてはいかがでしょうか。

初めての映像制作の方にも、ご不安なくご利用いただけるよう制作の流れやご活用方法まで、
丁寧にご案内させていただきます。お客様の映像制作のゴールを達成するため
企画~撮影、完成まで専任チームが伴走いたします。

映像制作・動画制作の
お問い合わせはこちら