映像・動画制作会社・渋谷ムービー

0120-975-4780120-975-478

Column
映像制作・動画制作のコラム

2021年11月16日

海外で動画広告を出稿して貴社の魅力をアピールしませんか?【中華圏編】

海外で動画広告を出稿して貴社の魅力をアピールしませんか?【中華圏編】
グローバル化が進み、海外展開を視野に入れる企業が増加しています。海外展開のメリットはなんといっても新規顧客開拓にありますが、新規開拓を意図した時、もちろんサービスや商材の内容によりますが新規顧客の母体が大きければ大きいほど確率は上がります。そこで動画広告の海外展開先としておすすめしたいのは、世界一の人口総数を誇る中華圏です。

本記事では、中華圏の動画市場の状況を中心に、中華圏に動画広告を出稿するメリットやポイントを解説します。

中華圏では今、動画市場が最盛期を迎えています

現在、中華圏、特に中国では動画市場が活況を迎えているようです。現地で数多くの動画プラットフォームが成立し、それぞれのサービスで多大なユーザー獲得に成功していることからその状況が伺えます。主要なプラットフォームについて以下ご紹介します。

●中国発、世界的人気のTikTok(抖音)
中国発のTikTokは現在、動画配信サービスとして最も勢いがあり、世界中で話題となっています。日本でもお馴染みの、10~20代の若年層を中心に絶大の支持を得たサービスですが、最近ではファミリー向けのコンテンツも増えたことで、30~40代のユーザーも増えており、若年層に限られた一時的なムーブメントに留まらず、ユーザーの多様化による長期的な運用に期待されています。月間アクティブユーザーの数は2021年時点で6.9億人に及び、2020年の4.6億人から大幅に人口を増やしているのが人気の裏付けと言えます。

●Bilibili(ビリビリ)が上場、グローバルに展開
Bilibiliは日本のYoutubeやニコニコ動画に近い動画共有プラットフォームです。2009年よりサービスが開始された比較的古参のプラットホームBilbiliは、当初こそ違法アップロードされたコンテンツなどの共有が目立っていたものの、最近ではオリジナルコンテンツの強化に取り組み、中国を代表する動画共有プラットホームとして成長を遂げ大注目されています。2018年には米国株式市場のNASDAQ上場、2021年には香港市場へ重複上場し、その経済的価値をグローバルに高めています。

●Youku(優酷)
Bilibiliと並び、中国版Youtubeとして人気を博しているのがYoukuです。他の動画サービス同様、オリジナルの動画コンテンツを配信しており、近年はストリーミングサービスとしてのポジションの確立を進めています。海外から中国へ向けた動画広告の積極的な受け入れなども行っており、こちらもグローバルな展開が期待されています。

●中国版Netflix、iQIYI(愛奇芸、アイチーイー)
iQIYIは中国版Netflixとも呼ばれているストリーミングサービスで、サブスクリプション契約によりさまざまな動画コンテンツを楽しめます。近年では本家のNetflixとのパートナーシップ関係を結び、NetflixのコンテンツもiQIYI経由で使用することが可能です。

初めての映像制作の方にも、ご不安なくご利用いただけるよう制作の流れやご活用方法まで、
丁寧にご案内させていただきます。お客様の映像制作のゴールを達成するため、
企画〜撮影、完成まで専任チームが伴走いたします。

映像制作・動画制作の
お問い合わせはこちら

中華圏で動画広告が注目されている背景

このようにさまざまな動画配信サービスが登場し人気を博したことで、それに伴う動画広告の配信も注目され、盛んに行われるようになってきています。そしてその盛り上がりを支えているのは、インターネットサービスの躍進的な普及と言われています。中国では現在、国民の7割以上がインターネットを利用しており、現在進行形で通信インフラの改善やスマホの普及もますます進んでいるため、まだ伸び代があるという状況です。

中華圏での動画広告を出稿するメリットは、爆発的な拡散が狙える点です。特に、TikTokなどのインフルエンサーが大きな力を持つ中華圏では、彼らの拡散力とタッグを組むことが広告の成功の鍵とも言われています。業務提携のハードルが高い場合には、まずはインフルエンサーの目に止まるような広告のアイデアを発案してみるのも得策かもしれません。

まとめ

現在進行形で成長を続ける中華圏の動画市場では動画広告が今まさに注目されている状況です。海外展開先の一つとして、是非検討してみることをおすすめします。

初めての映像制作の方にも、ご不安なくご利用いただけるよう制作の流れやご活用方法まで、
丁寧にご案内させていただきます。お客様の映像制作のゴールを達成するため、
企画〜撮影、完成まで専任チームが伴走いたします。

映像制作・動画制作の
お問い合わせはこちら