0120-975-4780120-975-478
Column
映像制作・動画制作のコラム

2021年8月3日

YouTube広告は認知度の拡大に最適!でも認知度が広がったかの効果検証はどうすればよいの?

YouTube広告は認知度の拡大に最適!でも認知度が広がったかの効果検証はどうすればよいの?
認知度の拡大を目的としたマーケティング戦略を検討する際、出稿先の選択肢としてもっとも相応しいのはどのような媒体になるでしょうか。認知度を拡大したいわけですから、やはり不特定多数のユーザーが混在するプラットフォームを選択するべきで、その筆頭がYouTube動画広告です。

今回は認知度拡大の観点から、YouTube動画広告に出稿するメリットや、効果測定の方法について紹介していきたいと思います。

●認知度の拡大にまずはバンパー広告!

YouTubeは毎月20億人ものユーザーが利用する世界最大の動画プラットフォームです。日本国内で見ても6,500万人以上と人口の半分を超えるユーザーが利用しています。この数値だけ見ても、認知度の拡大効果が非常に高い動画配信プラットフォームであることが理解していただけるかと思います。さらに、YouTube動画広告が優れている点は、さまざまな動画広告のフォーマットが用意されている点です。動画の冒頭に表示されるバンパー広告や、再生中に挿入されるインストリームtrueview広告など、マーケティング担当者の広告戦略に合わせた利用が可能となっています。

認知度の拡大を目的とするのであれば、動画の冒頭で6秒以内の尺で表示可能なバンパー広告がおすすめです。バンパー動画は冒頭の6秒がスキップ不可となっており、動画の冒頭に再生されることから多くの視聴数を得ることが可能です。またオーディエンス戦略についても細かな設定ができるようになっていますので、動画広告の表示される対象をターゲット層に寄せることができます。反対に不特定多数に向けてランダムな表示をすることもできるので、認知度の拡大を狙う場合はこのような方法でブランドを広めることもできます。

初めての映像制作の方にも、ご不安なくご利用いただけるよう制作の流れやご活用方法まで、
丁寧にご案内させていただきます。お客様の映像制作のゴールを達成するため、
企画〜撮影、完成まで専任チームが伴走いたします。

映像制作・動画制作の
お問い合わせはこちら

●動画広告の効果測定はフォーマットによって分析を変える

上記のような戦略を組み立て実際に開始した後は、効果測定をする必要があります。そのためYouTubeには、あらかじめ自由に利用できるYouTubeアナリティクスという分析ツールが搭載されています。このツールを使い、視聴回数やクリック数などの数値を確認することで動画広告の効果測定を行っていくのですが、この数値はどのタイプのフォーマットを選択したかによって、見るべきポイントが変わります。

冒頭に表示されるバンパー広告であれば、視聴回数やその中のユニーク数を確認し、また合わせて誘導のリンクを設置している場合にはそちらのクリック数などを確認すれば、おおよその動向が確認できます。またクリック数を視聴回数で割った数字をクリック率として見ることができるように、数値の組み合わせで指標を立体化することができます。一方、trueview広告のような30秒以上の尺を持つ内容を持たせた動画広告では、視聴者によるスキップが可能となっているため、再生時間や視聴完了数が重要になってきます。視聴完了数を視聴回数で割ることで視聴完了率が割り出され、もともと認知を目的としていた動画がどれだけ検討に結びついたかを確認することができます。

また、とにかくブランド名や商品を知ってもらいたい場合は、実際にその名前での検索が増えているかを調査することも大切です。グーグルが提供するツール「キーワードプランナー」を使用すれば、検索数の推移が把握できますし、ツイッターで検索すれば、その名前を含んだツイートがどれくらいされているかを把握することができます。

●その他の分析ツールではTubersがおすすめ

YouTubeアナリティクス以外の分析ツールはさらに詳細な情報を得ることができます。国内でも最も情報量のあるTubersという分析ツールは、視聴者の年齢層や性別などの細かいセグメントを割り出すことができるため、より多角的な数値を得ることが可能です。より詳しい情報をもとにマーケティングをおこないたい方は、サードパーティの分析ツールの導入をおすすめします。

Tubers

https://tubers.app/

まとめ

今回は動画広告の認知度に着目した、出稿後の効果測定の方法について紹介しましたがいかがでしたでしょうか。動画広告は内容はもちろんのこと、その後の分析がとても重要になってきます。より効果的に動画広告を利用するためにも、できるだけ多くの数値に着目し、より多角的な情報をもとにマーケティング戦略をおこなっていけるようにしていきましょう。

初めての映像制作の方にも、ご不安なくご利用いただけるよう制作の流れやご活用方法まで、
丁寧にご案内させていただきます。お客様の映像制作のゴールを達成するため、
企画〜撮影、完成まで専任チームが伴走いたします。

映像制作・動画制作の
お問い合わせはこちら