映像・動画制作会社・渋谷ムービー

0120-975-4780120-975-478

Column
映像制作・動画制作のコラム

2020年10月6日

YouTubeで最近よく見かけるアニメーション動画広告を徹底解説

YouTubeで最近よく見かけるアニメーション動画広告を徹底解説
YouTubeで流れる動画広告で最近多く見られるのが、アニメーションを使用した動画広告です。今回はなぜYouTubeの動画広告にアニメーションを利用するケースが増えているのか、その理由について解説していきます。これからYouTubeに動画広告を出そうとお考えの方は、アニメーション動画広告のメリットやデメリットについてもご説明していきますので、是非参考にしてみてください。

アニメーション動画広告のメリット

YouTubeの動画広告になぜアニメーション動画が選ばれるのか。アニメーション動画のコストパフォーマンスの良さが、その大きな要因の一つと言えるでしょう。

撮影を必要とする動画制作の場合、必要な機材費や人件費が加わるのに対して、アニメーション動画の場合、そうした費用がほとんどかかりません。ナレーションを挿入する場合には声優や録音に費用がかかりますが、それでも撮影するのに比べればコストはだいぶ安く済みます。

また、撮影をする場合にはロケハンや出演者のスケジューリングも必要になるため、制作期間がアニメーションに比べて長くなるのが通常です。従って、アニメーションで制作する方がよりスピーディに仕上がるので、流したいタイミングに対してあまり猶予のない状況でも動画制作の依頼がしやすいというメリットもあります。

アニメーションの場合は大きな修正が必要な場合でも、修正にかかる時間はそれほどかかりませんが、撮影の場合、取り直しが必要になってしまうため、それだけ時間もコストも増えてしまう場合があります。

以上のように、アニメーションで動画広告を制作するメリットは、撮影を要する動画広告の制作に比べるとよりフレキシブルであり、なおかつコストパフォーマンスが良いという点にあると言えるでしょう。

初めての映像制作の方にも、ご不安なくご利用いただけるよう制作の流れやご活用方法まで、
丁寧にご案内させていただきます。お客様の映像制作のゴールを達成するため、
企画〜撮影、完成まで専任チームが伴走いたします。

映像制作・動画制作の
お問い合わせはこちら

アニメーション動画広告のデメリット

デメリットとは言わないまでも、アニメーションを使用した動画広告を制作する際に懸念すべきことはいくつかあります。その一つが、他の動画広告と差別化を計りにくいということです。YouTubeなどに動画広告を出す場合、その方法にはいくつか種類がありますが、どのような種類においても重要なのはインパクトです。

尺の短いバンパー広告でも、TrueView広告のように最後まで再生されることで広告費が発生する場合でも、視聴者に見てもらうために重要なことはその動画広告にインパクトがあるかどうかということです。アニメーション動画広告は比較的に多く選択されていることもあり、なかなか単体でインパクトのある動画を作ることが難しいとされています。

単純に説明を目的とした動画を制作するのであれば、アニメーションはとても有効な手段になりますが、インパクトのある映像に仕上げるにはそれなりのクリエイティビティも要する手法であることを頭に入れておきましょう。内容としてはとても分かりやすくよい動画なのに、思ったほどコンバージョンが伸びないというケースも多く見られます。

ですので、アニメーションの使用を検討する場合には、広告動画としてのインパクトに注意して制作を進めていくべきでしょう。また、一般的にアニメーションを使用した動画広告は高齢層のウケが悪いと言われています。なので商品の性質やターゲット層によっては、アニメーション動画広告の効果が通常よりも薄くなるケースもあります。

まとめ

今回はYouTubeの動画広告にアニメーションを使用する際のメリットやデメリットについてご説明しましたがいかがでしたでしょうか。現在はコロナウィルスの影響もあり、なかなか撮影を要する動画広告の制作が難しいという状況も相まみえ、アニメーション動画広告の需要は更に増加しています。是非皆さんも先述のメリットやデメリットに留意し、目的に合わせてアニメーションを使用した動画広告を制作を検討してみてください。

初めての映像制作の方にも、ご不安なくご利用いただけるよう制作の流れやご活用方法まで、
丁寧にご案内させていただきます。お客様の映像制作のゴールを達成するため、
企画〜撮影、完成まで専任チームが伴走いたします。

映像制作・動画制作の
お問い合わせはこちら