0120-975-4780120-975-478
Column
映像制作・動画制作のコラム

2022年1月28日

病院やクリニックの採用動画はこうやって作る!医療系の求人に効果的な採用映像の作り方

病院やクリニックの採用動画はこうやって作る!医療系の求人に効果的な採用映像の作り方

採用活動の主要戦力として、採用動画の活用が注目を集めています。本記事では、病院やクリニックの採用動画のポイントや実際の作り方についてご紹介します。

●採用動画の基本的な制作手順

まずは採用動画全般に応用できる、採用動画の基本的な制作手順を簡単にご紹介します。

1. 求職者=ターゲットを絞る(求職者のペルソナ設計)

新卒者、経験者、パートタイマーなど、求める人材と求職者のペルソナによって、採用動画の構成やテイストは異なります。動画を見て欲しい人物像、採用したい求職者に届けるためにまずターゲットを絞り採用動画の企画を立てます。

2. 伝えたい内容をまとめる

仕事の魅力や職場環境の良さなど、採用動画のアピールポイントになる内容を絞り、簡潔にまとめます。昨今の傾向として、動画の尺が長くない方が見られやすく、伝わりやすいという傾向にあるため、求職者に伝えたい内容をまとめることが重要です。

3. 採用動画の使用方法を明確にする

採用動画の使用方法はさまざまで、例えば説明会の補足資料としての活用や求人サイトへの掲載、病院の採用ページ、またはSNSやYouTubeなど動画プラットフォームから発信するケースも考えられます。採用動画をどのような用途で活用するかを事前に明確化した上で制作することで、用途に適した動画で効果を上げることができます。

4.動画を制作する

採用動画のターゲットや内容を絞り、使用媒体が決定したら実際に制作をします。動画制作ではアニメーションやドラマ仕立てなどさまざまな方法が考えられますが、採用動画の場合、実際の職場環境の撮影や従事者のインタビューなどよりリアリティーのある映像が効果的なため、職場のどこをどう見せていくか詳細な検討が必要です。

初めての映像制作の方にも、ご不安なくご利用いただけるよう制作の流れやご活用方法まで、
丁寧にご案内させていただきます。お客様の映像制作のゴールを達成するため、
企画~撮影、完成まで専任チームが伴走いたします。

映像制作・動画制作の
お問い合わせはこちら

●医療系の採用動画事例から見られる制作時のポイント

続いて、病院やクリニックの採用動画の事例を挙げながら、制作時のポイントを解説します。

・求める人物像を明確にする
・待遇や業務内容などを文字できちんと可視化する

医療法人FUKUJIN スタッフ採用動画

この動画では、実際の従事者へのインタビュー形式で仕事の魅力や待遇、求める人材について明確に語られています。時に緊張の伴う医療の現場では特に、採用にも慎重であるため、求める人物像を明確に発信することは重要です。また、求めている職種の詳細、待遇面をテロップで可視化することで、求職者へ安心感を与えることができます。

・やりがいの大きさをアピールする
・人間関係の良さを映像で見せる

看護師採用動画-新人編- 豊栄病院【新潟市】

こちらの動画では新人看護師の言葉で、仕事のやりがいや職場環境について率直に語られています。医療の仕事の大変さを全面に伝えながらも、その分のやりがいの大きさが伝わってくるため、求職者のモチベーションを刺激する内容だと言えます。また、新人看護師の飾らず自然な言葉と実際の仕事の映像から職場環境の良さが伝わり、シンプルな構成ながら印象深い採用動画となっています。

まとめ

医療系の採用動画では、職務の特性を鑑みて、適した人物像を掲示することが有効だと考えられます。また、仕事の大変さを率直に描くことで、その分のやりがいを訴求することができます。そのためにも、採用動画制作の基本である「求める人物像」の設定をしっかりと行い、実りある採用動画の制作を検討してみてはいかがでしょうか。Shibuya Movieでは、求職者向けの動画制作も行っております。制作をご検討の際は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

初めての映像制作の方にも、ご不安なくご利用いただけるよう制作の流れやご活用方法まで、
丁寧にご案内させていただきます。お客様の映像制作のゴールを達成するため、
企画~撮影、完成まで専任チームが伴走いたします。

映像制作・動画制作の
お問い合わせはこちら