映像・動画制作会社・渋谷ムービー

0120-975-4780120-975-478

Column
映像制作・動画制作のコラム

2019年6月28日

企業PR動画の制作時必見!やるべきこと&やってはいけないこと

企業PR動画の制作時必見!やるべきこと&やってはいけないこと

魅力を伝えるために有効な手段となる動画。ほんの一瞬目に留まるだけでも、何かしらの「印象」を強く確実に残してくれます。それが故に、何かしらのPRに動画を用いようと考えるマーケッターも多いのではないでしょうか?

本記事では、企業のプロモーション活動や採用活動向けに動画を制作する際、必ず助けになるポイントをご紹介。同時に、絶対にやってはいけないポイントもお伝えします。動画を使って、企業の魅力を存分に視聴者に印象付けましょう。

PR動画ってどれ程効果的なの?

PR(プロモーション)動画は、一体どれ程の影響を与えるか考えてみたことはありますでしょうか?また、一体何が人々に影響を与える要因となっているかを考えたことはありますでしょうか?PR動画が大きな影響を与える要因には、以下の3つが考えられます。

1.視覚と聴覚で宣伝できる=ダブルで印象付け
まず、視覚と聴覚に訴えかけられるのは大きな要因と言えるでしょう。試しに今、企業HPの「企業紹介ページ」を思い浮かべてみてください。

ずらっと並んだ文章と一緒に、社内や商品の写真を載せているページは、確かに綺麗に纏まっていることでしょう。ですが、果たしてそこを訪れる人々は、全ての文字を読んでいるでしょうか?全ての写真を見ているでしょうか?「似たような文章を別のところで見たな」「この写真、綺麗だけど何の意味があるの?」そう思わせてしまったら最後、このページで伝えたいことは、一部相手に伝えられていないことになります。視覚だけで魅力を伝えるのには限界があるのです。

その限界をカバーするのが音声や音楽にあたる「聴覚」です。聴覚と併せてアピールしていくことで、意識をよりPRに向けさせることができます。それどころか、視覚・聴覚2つの感覚を同時に使用してPRしていくことで、短期間で2倍の情報を視聴者に与えることができます。ダブル効果で強力な印象付けをしてくれるのです。

2.動画視聴の機会が増えてきている=多くの人の目に留まりやすい
最近では、スマートフォンやタブレット・持ち運び可能なノートPCなどの普及によって、家の中からだけでなく外からでも動画視聴することが容易となりました。時間さえあれば、皆何かしらの動画をすぐに見ることができるようになったのです。そんな時代だからこそ、PR動画は非常に効果的です。「思わず気になってしまう」と思わせる動画を制作することができれば、時間を埋めようとして液晶を眺めていた人々が動画に目を留めます。そして、自然と動画内容に興味を抱きます。動画とは、日頃動画を見る習慣のできた現代人にとって、非常に受け入れやすいPR方法なのです。

3.表現方法は多様で無限=上手くいけばダブル以上の印象付けを目指せる
動画には決まった型は存在しません。完全に制作者の自由なのです。映像も音響も全て自由に組み合わせて、他では全く観たことの無いPRを作り出すことも可能です。
観る人の心を掴む上手い魅せ方を知れば、1.で触れた「視覚・聴覚でダブルの効果を狙える」以上のことができてしまいます。その効果は、計り知れないものとなるでしょう。

押さえておきたいGoodポイント

次に、動画制作の際に必ず押さえておきたい良いポイントをお伝えします。

1.ターゲットを絞り込む
いざ動画を作る際に、まず気を付けたいのは「誰に向けて発信したいか」をハッキリとさせておくこと。ターゲット層をできるだけ絞って作り込むことで、より効果的にPRすることが可能となります。

2.ファーストインパクトを大事に
初対面の人と会う時も、会話を始める時も、「ファーストインパクト」は大事ですよね。動画も「対・人間相手」のものとして制作されますから、同じ理屈が通用します。ファーストインパクトは、非常に大事な要素の1つです。最初の印象が良ければ良い程、PR動画は注目を集め、またそれを見た人の心に強い印象を残してくれます。

3.動画には変化をつけて
皆さんは、単調な映画を見続けることができますか?きっと、多くの方は途中で飽きて観ることを止めてしまうでしょう。それと同じで、PR動画も単調さを避ける工夫が必要となります。ファーストインパクトで上手く人々を引き付けられたなら、次はその関心が削がれない様、映像・音・ストーリーなどを使って動画に注目させ続けたいところです。相手を飽きさせないことで最後までPRを観てもらうことができ、企業の魅力を最大限伝えることができるようになります。

避けておきたいBadポイント

良いポイントをお伝えした次には、動画制作の際には避けておきたい良くないポイントをお伝えします。

1.詰め込みすぎない
「伝えたいことが沢山ある」という気持ちはよく分かりますが、積み込み過ぎはNGです。あれもこれも、と色んな情報を散りばめてしまうと「この動画は一体何を伝えたいんだ?」と視聴者は疑問を覚えてしまいます。同時に、情報の多さに混乱してしまいます。情報は多ければ多いほど良いという訳ではないのです。簡潔に、「伝えたい事実をはっきりと決めた」その上で、動画を制作しましょう。

2.嘘を言わない・盛りすぎない
当然のことですが、「嘘の情報」は入れてはいけません。また、「話を盛りすぎる」のも厳禁です。まずは、何故企業PR動画を作成するのか考えてみてください。企業の魅力を伝えて顧客を増やすため・採用志望者の目に留まるようにするためなどですね。嘘や誇張は、企業の求める人材を集める妨げになる上、行き過ぎたことをしてしまえば信用を失うことにも繋がります。表現方法があまりにも酷い場合は、何らかの法律に引っかかってしまう可能性もあります。

嘘など付かなくとも、魅力を伝える方法は幾らでも存在します。無駄な誇張などしなくとも、ありのままを見せることで本来ターゲットとしていた層の人々に好感を持ってもらうことができます。表現の仕方には十分に注意しましょう。

3.企業の雰囲気から離れすぎない様に
インパクトを求めるあまり、企業の雰囲気からかけ離れたPR動画を制作してしまうことも考え物です。「PR動画では明るくて楽しそうな感じだったのに、実際に行ってみたら全然そんな様子ではなかった…」上記2.に少し近いところがありますが、あまりにPR動画と企業の雰囲気が違い過ぎると「話が全く違う」となるのです。

認識違いが起きないよう、「その企業らしさ」をPRする動画の制作を心掛けましょう。面白く意外性のあるPR動画はどんどん作っていけば良いと思いますが、その企業の持つ「要素」をどこかに残して、観る人に必ず伝わるようにしておきましょう。

PR動画は奥深い

短時間でさまざまな情報を伝えることのできるPR動画。その制作は非常に奥深く、構成の仕方で如何様にもPR方法を変化させることができます。
今回は、良いポイント・悪いポイントをそれぞれ3点ずつお伝えしましたが、是非こちらを参考に一緒に印象に残るPR動画を制作していきましょう。