0120-975-4780120-975-478
Column
映像制作・動画制作のコラム

2021年7月7日

動画広告を制作するポイントや、広告の種類、効果測定の方法などをまとめて解説!

動画広告を制作するポイントや、広告の種類、効果測定の方法などをまとめて解説!
かつて動画広告と言えばTVCMしか選択肢がありませんでした。印象的なTVCMはマーケティング効果が非常に高く、非常に大きなブランディング力を持っています。しかし、TVCMは制作から放送まで費用が膨大で、数千万単位の予算が必要になります。

動画広告を目にしない日はないほど、動画広告が一般的になりつつあります。動画広告は年々市場規模が拡大しており、多くの企業が商材やサービスのプロモーションや企業紹介、リクルートなど多岐にわたる取り組みで動画を活用しています。
本記事では、動画広告の制作の流れや動画広告の種類、制作ポイントから効果検証について分かりやすく解説します。

制作会社に依頼する前の事前準備

動画制作をする際、Shibuya Movieのような制作会社に依頼するのか、あるいは自社内で制作するのか。また動画の内容は実写撮影をベースにするのか、フルアニメーションにするのか、はたまたCG合成や空撮など特別な技術を用いるのか。これらの点で制作フローは異なりますが、今回最も一般的かつ実践的な方法として、制作会社に依頼する実写ベースの動画制作のフローを例に、動画広告制作のステップをご紹介します。

1.目的・予算・納期の決定

何のための動画であるか、予算はいくらか、いつまでに完成させたいか・・・等を明確にしたのちに実際の制作へと移ります。制作を制作会社に一任する場合でも、依頼者が把握しコントロールすることで、制作会社とのやりとりや制作そのものをスムーズに進めることができます。

2.制作のステップ

①ヒアリング(打ち合わせ)
制作したい動画について制作担当のディレクターと打ち合わせをします。ここでは主に「動画制作の目的」「どういった映像にしたいのか」「ターゲットはどんな視聴者か」「動画の予算や納期」などを詳しく伝え、動画の方向性を決めていきます。

②見積り・提案
ヒアリングで得た内容を通して、制作会社は具体的な提案と見積りを制作します。この時、制作会社から動画の大まかな流れ・ストーリー(アウトライン)を説明する簡単なラフ画を提示されることが多いです(Shibuya Movieでもそのようにさせていただいております)。依頼した内容と齟齬がないか、この時点で確認しましょう。

③企画
見積りと提案にコンセンサスが取れたら、実際の制作内容を詰めて企画を作ります。企画段階でやることは主に、「絵コンテ制作」「撮影準備(ロケハン・キャスティング・機材調達など)」「香盤表(当日の全体の進行)制作」です。絵コンテをベースに依頼者と確認を取りながら進めていくことで、制作する動画のイメージをより具体的に擦り合わせることが可能です。

関連記事:映像制作には必須!絵コンテの作り方やポイントをわかりやすく解説

④撮影
実際の撮影を行います。香盤表を指針に進めることで、スムーズに撮影を行うことができます。撮影には依頼者が立ち合い、現場で別のアイデアが生まれる、ということもあります。

⑤動画編集
撮影が終了したら、動画素材や写真・ロゴ素材、イラストなど用途に合わせた素材を用いて編集を行います。企業ロゴや商材のPR用の写真などは依頼者が提供します。

⑥オフライン試写
依頼者立ち合いのもと完成した動画を試写します。ここで依頼者からのフィードバックを受け、修正が必要な場合には作業をし、詰めていきます。依頼者と制作サイドのフィードバック→修正のキャッチボールは数回行われることが一般的なので、その分の期間を含んだ予定を組みます(立ち会いをせずに、データのやりとりで行われる場合もあります)。

⑦MA作業
依頼者のOKが出て動画が完成したら、音やナレーションを調整するMA作業を行います。スタジオでのMAは基本的に依頼者立ち会いで行い、その場で音に関する修正を行い最終的な動画を完成させます。動画が完成し、納品ファイルへの変換を行い、納品して完了です。

抑えておくべき動画広告の種類

動画広告の種類は大きく分けて4つあります。インストリーム広告・インバナー広告・インリード広告・インフィード広告の4種類です。それぞれについて簡単に説明します。

1.インストリーム広告

動画を視聴中に途中で挿入される動画広告のことをインストリーム広告といいます。YouTubeを見ているときなどに目にしたことがある方も多いのではないでしょうか。大体5秒程度の短い動画が主流で、長いものでは4分程度の動画広告もあります。

2.インバナー広告

主にWebサイトのバナー広告欄に表示される動画広告をインバナー広告といいます。動画用のプラットフォームではないさまざまなWebサイトに掲載可能な点と、動画視聴を中断するマイナスなイメージがつかないところがメリットの動画広告です。

3.インリード広告

ニュースサイトなどのテキストコンテンツの途中に差し込まれている動画広告のことをインリード広告といいます。比較的に新しい動画広告の種類で、スマホでの閲覧に特化しています。

4.インフィード広告

SNSのタイムラインに埋め込まれている広告がインフィード広告です。各SNSの表示形式に倣って動画広告が掲載されているので、嫌悪感を抱かれることが少ないといったメリットがあります。インフィード広告を活用する場合には、SNSに合わせた画角や特性を考慮した動画作りが必要です。

初めての映像制作の方にも、ご不安なくご利用いただけるよう制作の流れやご活用方法まで、
丁寧にご案内させていただきます。お客様の映像制作のゴールを達成するため、
企画〜撮影、完成まで専任チームが伴走いたします。

映像制作・動画制作の
お問い合わせはこちら

動画広告を制作する際のポイント

動画広告を制作する際の重要なポイントは3点です。

「掲載するプラットフォームのフォーマットに適した動画制作をする」
「1動画につき1テーマで制作する」
「ターゲットの明確化」

という3つに絞って解説していきます。

①掲載するプラットフォームのフォーマットに適した動画制作をする

掲載するプラットフォーム、例えば、YouTubeやInstagramなどのSNSそれぞれに推奨される動画の長さやアスペクト比・解像度などがあります。どこで公開する動画広告かを予め定めて制作することをおすすめします。

②1動画につき1テーマで制作する

動画広告は、短い尺の中でどれだけ強い印象を与えられるかが重要です。何を伝えたいかを明確にし、1つの動画につき1つのテーマを伝えるということを念頭に置いてスマートで刺さりやすい動画制作を心がけましょう。

③ターゲットの明確化

「誰に向けた動画広告か」というターゲットを明確にすることは広告において非常に大切です。動画広告を1つのマーケティングとして捉え、テーマに沿ったターゲット設定を行うことは、広告動画としての効果を最大限活かすことに繋がります。

動画広告は制作で終わりではない!効果検証のポイントもしっかり押さえましょう

動画広告は、動画広告を掲載したことでどのような効果があったのか、データを把握することが重要です。動画広告の効果検証に欠かせないのが「KPI」です。KPIとはKey Performance Indicatorの略で、「重要業績評価指標」という意味で、最終目標に到達するための指標となる中間目標を数値で計測したものです。効果検証を確実に行うためにはKPIの設定の方法がポイントです。

例えば、商材やサービスの「認知」が目的の場合には、インプレッションに注目する必要があります。動画広告でユーザーがどれほどの興味を抱いたのかを知るためには、目的は「検討」となり、再生時間や視聴完了率がKPIとなります。また、ユーザーのアクションを知る場合にはクリック数や問い合わせ件数が指標になります。つまり、掲載している動画が上手くいっているかどうかは、広告動画の目的によって異なるため、動画広告の目的を明確にした上でKPIを定めることが大切です。

動画広告を制作する2つの方法と、それぞれのメリット・デメリット

動画制作のフローの紹介でも触れましたが、動画広告を制作するには自社内で制作する場合と、外部の制作会社に依頼する2つの方法があります。それぞれのメリットデメリットについて解説します。

1.自社で制作する場合

●メリット
費用が抑えられることが大きなメリットとして挙げられます。そのほかに、全て内部で管理できるので、納期の調整や、機密保持の部分でも安心です。

●デメリット
作りたい動画に対してスキルが伴わない場合が多い点がデメリットとして挙げられます。自社に動画制作を専門にしているスタッフがいる場合を除けば、本来の業務の隙間で動画を制作する必要があり、クオリティーの高い動画を作ることが難しいケースがほとんどです。

2.制作会社に依頼する場合

●メリット
クオリティーに期待できることが何よりもメリットです。動画広告が溢れている昨今では、一定以上のクオリティーは否でも応でも求められるため、さまざまなノウハウを持つプロフェッショナルな制作会社に依頼することで安心が得られます。

●デメリット
外部に依頼する場合、内部で制作する場合に比べて費用がかかることがほとんどです。しかし、内部で制作する場合にも機材のレンタルや諸々で費用はかかるので、予算内で何をしたいかを明確にした時点で、内部で制作可能か外注するかを検討することが得策と言えます。

まとめ

動画広告には、目的別に抑えるべきポイントがあり、狙い通りの効果を生み出すためにはそれらをおさえて制作することが大切です。目的や予算、納期などの基本的な部分を検討し、ぜひ効果的な動画広告を制作してみてはいかがでしょうか。Shibuya Movieでは、動画広告の制作実績も豊富にございますので、動画広告の制作を検討される際は、是非お気軽にご相談ください。

初めての映像制作の方にも、ご不安なくご利用いただけるよう制作の流れやご活用方法まで、
丁寧にご案内させていただきます。お客様の映像制作のゴールを達成するため、
企画〜撮影、完成まで専任チームが伴走いたします。

映像制作・動画制作の
お問い合わせはこちら