0120-975-4780120-975-478
Column
映像制作・動画制作のコラム

2022年12月16日

作成した動画が炎上しないために、動画制作時に心がけたいポイント

作成した動画が炎上しないために、動画制作時に心がけたいポイント

インターネットの世界では、思いがけないことが大きなトラブルを招き、個人や企業に甚大なる影響を与えることがあります。これらの事象は「炎上」というネットスラングで語られ、昨今では日常的に使われる言葉になっています。個人としても企業としても、炎上は絶対に避けたいところですが、ネットに限らずあらゆるシーンでの発信行為に炎上のリスクはついて回ります。もちろん動画もその対象で、作成した動画が制作者の意図とはまったく違ったかたちで受け取られ、炎上してしまうケースは過去にも山ほど見受けられます。
ということで今回は、制作した動画が炎上しないためのポイントや、そもそもどのように「炎上」という事象が起こるのか、ということについて解説していきたいと思います。

発信することのリスク

ネット上で起こる炎上には、その火種となるなんらかの「発信行為」がその原因として存在します。「発信行為」は、発信元も媒体も内容も選ばず、「こうしておけば絶対に炎上することはない」という方程式もありません。なので、自身のなんらかの「発信行為」が、常に炎上のリスクに曝されていることを、現代においては各人がよくよく留意しておく必要があります。

初めての映像制作の方にも、ご不安なくご利用いただけるよう制作の流れやご活用方法まで、
丁寧にご案内させていただきます。お客様の映像制作のゴールを達成するため
企画~撮影、完成まで専任チームが伴走いたします。

映像制作・動画制作の
お問い合わせはこちら

動画は炎上のリスクが高い?

他の媒体と比べると、動画は炎上リスクが高い媒体と言われています。なぜかというと、動画は他の媒体よりも情報量が圧倒的に多いからです。仮に文字媒体であれば、文章の意味や、その文章が制作された意図など、炎上につながる要因はそう多くはありませんが、動画の場合、動画で表現されている意味合い、意図のほかに音楽や出演者、背景や色味など、視聴者に与える情報量がまったくといってよいほど違います。情報量は多ければ多いほど受け取り方のバリエーションを増やすので、制作者がまったく意図しない意味合いが捉え方の視点によって生まれてしまうリスクが高まり、炎上のリスクを高めてしまいます。

意図的な発信と非意図的な発信

どれだけ注意を払って動画制作を行っていても炎上してしまうことはあります。自身の発信が炎上してしまったと仮定して、「なぜ炎上してしまったのか」と原因を先回りして考えてみると、炎上しない動画制作のためのヒントにつながることがあります。

例えば、まずは意図的な内容と非意図的な内容のどちらが炎上の原因になったのか。意図的な内容だった場合、その発信内容そのものに問題があったということになるので、根本的に発信することについての見直しをする必要があるかもしれません。意図的な発信内容の炎上は、非常に大きな問題につながるケースがあるので、十分な注意が必要です。

非意図的な内容の場合はどうでしょうか。多くの場合、非意図的な内容での炎上は、知識不足や配慮の不足が原因となっており、素直にお詫びすることで鎮火するケースもしばしばです。ただし、一般常識的な視点の欠如が原因の場合は、また別のレベルの問題に発展するケースもあるので注意しましょう。

まとめ

今回は動画制作を行う上での炎上のリスクや注意点について解説しましたが、いかがでしたでしょうか。もっとも注意するべきポイントは、「制作者の意図しないこと」が炎上につながってしまうという点です。ある程度の非難を覚悟で発信した内容で炎上してしまうのであれば心の準備もできますが、まったくそうでない、言わば死角になっていたところで炎上した場合は焦ってパニックになってしまうこともあるでしょう。まずはそうならないために、制作物をさまざまな視点、観点でチェックし、問題ない内容になっているか確認することが大切です。反対に「意図的な部分で炎上」する内容の場合には、それ相応の準備、場合によっては論争に対応する姿勢で臨む必要があります。間違っても「面白そうだから」、「炎上すれば目立つから」といったような軽い気持ちで、誰かの気持ちを逆なでするような動画を制作することは控えましょう。

初めての映像制作の方にも、ご不安なくご利用いただけるよう制作の流れやご活用方法まで、
丁寧にご案内させていただきます。お客様の映像制作のゴールを達成するため
企画~撮影、完成まで専任チームが伴走いたします。

映像制作・動画制作の
お問い合わせはこちら