0120-975-4780120-975-478 お問い合わせ
Column
映像制作・動画制作のコラム

2022年11月29日

Twitter動画広告が他のプラットフォームよりも優れている点を徹底紹介

Twitter動画広告が他のプラットフォームよりも優れている点を徹底紹介

2022年度の日本国内のSNS利用者数は約8,270万人となり、デジタルマーケティングを行う上でInstagram、YouTube、Facebook、TwitterなどのSNS広告は今や必要不可欠な要素となっています。本記事では特にTwitter動画広告にフォーカスし、広告の規格や出稿方法、そして他のSNS広告のプラットフォームよりも優れている点について徹底紹介します。

SNS広告の特徴

SNS広告は、FacebookやInstagram、Twitterなどそれぞれのプラットフォームを使い、従来のTVなどのマス広告に比べて安価に顧客にアプローチすることができます。また、細かいターゲティングができることも大きな特徴です。TVやラジオ、新聞と比べて、住んでいる地域や年齢、性別に加え、興味がある内容などで選別ができるのがその理由です。SNSによっては、フォローしているアカウントからターゲティングを行い、より自社の商品に興味がありそうな層へダイレクトにアプローチすることもできます。またSNS毎にユーザー層の特徴があるため、その層に響きやすい広告を端的に作ることで、無駄を省くこともできます。

初めての映像制作の方にも、ご不安なくご利用いただけるよう制作の流れやご活用方法まで、
丁寧にご案内させていただきます。お客様の映像制作のゴールを達成するため
企画~撮影、完成まで専任チームが伴走いたします。

映像制作・動画制作の
お問い合わせはこちら

Twitter動画広告の特徴と他にはない魅力

Twitterの動画広告には他のSNSプラットフォームには見られない独自の性質があり、動画マーケティングに適した環境となっています。Twitterの動画広告の特徴2つを以下で解説します。

詳細なターゲティングが設定可能

Twitterではユーザーのツイート内容や反応したワードのデータを収集・分析しており、それぞれの傾向に沿った広告を表示する独自のシステムを採用しています。他にも年齢や性別、地域や使用言語などのデータも参照しており、高精度のターゲティングを実現しています。ターゲティングを絞ることによって広告に反応しそうなユーザーに、関連が高い広告をピンポイントで表示できるため、エンゲージメント率の高い適切なマーケティングが可能になっています。

動画の自動再生

Twitter動画広告は端末の画面内に入ると自動で再生が始まります。ユーザーが自主的にタップやクリックをしなくても動画広告が再生されるため、自発的には広告をチェックしないユーザーの興味を惹けるのが最大のポイントです。自動再生ではBGMのある動画も音量はゼロになりますが、タップすることでミュートが解除され音ありで視聴することができます。

Twitter動画広告の種類と仕様

Twitterには主に以下の6種類の動画広告のフォーマットがあります。

・プロモビデオ広告
・プレロール広告
・スポンサーシップビデオ広告
・ビデオカンバーセーショナル広告
・ビデオアプリカード広告
・プロモライブビデオ広告

ここでは、特にTwitterならではの特色を活かした、ビデオカンバーセーショナル広告とプロモライブビデオ広告について解説します。

ビデオカンバーセーショナル広告

ユニークなハッシュタグとアクション誘導ボタンを付与した広告カードがビデオカンバーセーショナル広告です。ユーザーのアクションによってフォロワーに動画広告が拡散していくため、リツイート文化が根付いたTwitterならではのムーブメントを活かすことができます。

プロモライブビデオ広告

プロモーション用の動画としてライブ動画を配信するライブ動画広告です。ライブ配信の特徴を生かしユーザーとのコミュニケーションを図れるのが大きなメリットです。他の動画広告と比較するとコストを抑え、手軽に導入できるのも魅力です。新しい企業やサービスなどをお披露目する際にもよく利用されます。

まとめ

他のSNSプラットフォームのサービスと比較した際の、Twitter動画広告の魅力はなんといってもフォーマットの多さと精巧なターゲティングです。ぜひ活用してみてはいかがでしょうか。

下記記事ではTwitterで動画広告を出稿する際のポイントを解説させていただいてます。是非合わせてご覧ください。
関連記事:SNSで動画広告を出稿するポイント3つ【Twitter編】

初めての映像制作の方にも、ご不安なくご利用いただけるよう制作の流れやご活用方法まで、
丁寧にご案内させていただきます。お客様の映像制作のゴールを達成するため
企画~撮影、完成まで専任チームが伴走いたします。

映像制作・動画制作の
お問い合わせはこちら