0120-975-4780120-975-478
Column
映像制作・動画制作のコラム

2022年5月10日

実はあまり理解されていない?Yahoo!とGoogleの動画広告の違いを解説

実はあまり理解されていない?Yahoo!とGoogleの動画広告の違いを解説

昨今最も主流な広告手段として各方面で利用されている動画広告。
いざ利用してみようと計画を立てていくと、数ある動画広告プラットフォームの中からどれを選べばよいのか迷ってしまうという話をよく耳にします。もちろん、それぞれの特性をよく理解して選択したいところですが、その比較検討自体が意外と面倒な作業だったりするので、知名度でGoogleやYahoo!を選択したという方が少ないないようです。

しかしながら、広告の基本は視聴される機会ができるだけ多い媒体を選ぶことなので、意外とその選択は間違っておらず、よほど特別な事情がなければ、プロ目線でもGoogleやYahoo!の利用をおすすめするのが普通です。

では、そのGoogleとYahoo!の違いやそれぞれのメリットデメリットはどうなっているのか。これについては理解しを深めておいて損はないので、今回はこの二大巨頭の動画広告の違いについて紹介していきたいと思います。

■Yahoo!動画広告の特徴とメリット

Yahoo!動画広告は、Yahoo!の動画サイトやアプリに設置された広告枠や、提携しているサイト、アプリに動画広告を出稿することができます。サイトやアプリのトップに埋め込まれた広告枠で再生されるアウトストリーム型と、再生される動画のはじまりや途中に表示されるインストリーム型があり、目的やターゲットに合わせた方式を利用することができます。動画再生、コンバージョン、サイト誘導、アプリ訴求などの「目的」で動画広告のタイプを選択することができるため、初めての動画広告を出稿する場合でも安心して利用することができます。

世界的に見れば検索エンジンの主流はGoogleですが、国内ではまだまだYahoo!の利用者も多く、40代~50代が厚い層となっているので、ターゲットによってはこちらの方が効果的な場合も少なくないでしょう。全体的に見てとても使いやすく、プラットフォーム側で目的やターゲットに合わせた利用方法を導いてくれる仕様になっているので、利用しながら動画広告マーケティングを学んでいけるところが一つの魅力でもあります。

初めての映像制作の方にも、ご不安なくご利用いただけるよう制作の流れやご活用方法まで、
丁寧にご案内させていただきます。お客様の映像制作のゴールを達成するため
企画~撮影、完成まで専任チームが伴走いたします。

映像制作・動画制作の
お問い合わせはこちら

■Google動画広告の特徴とメリット

Googleの動画広告は、Googleが提携している200万以上のサイトで動画広告を表示させることができます。サイトのトップに設けられた広告枠で表示されるインバナー広告と、スクロールして広告枠に到達すると再生が始まるインリード広告がアウトストリーム型の基本で、インストリーム型はYouTube広告のように、動画のはじまりに挿入されるバンパー広告や、再生途中に挿入されるミッドロール広告などが用意されています。

またアナリティクスにも長け、表示方法やターゲッティングでの細かな設定が可能になっているため、利用者がプロフェッショナルであればあるほど効果の高い運用が可能なことがGoogle動画広告の魅力と言えます。また、提携している企業がとても多いため、幅広い戦略が立てられますし、それに伴い、Google動画広告で得られないマーケティングデータを手に入れることも可能になります。

だからと言って、初めて動画広告を出稿する方にとって使いづらいというわけでは決してないので、あらかじめ細かくカスタマイズした動画マーケティングをおこないたい方にはGoogleの動画広告の利用をおすすめします。

まとめ

今回はYahoo!の動画広告とGoogleの動画広告のそれぞれの特徴や利用する上のメリットを紹介しましたがいかがでしたでしょうか。どちらの方が良い動画広告プラットフォームと言えるか、ということで言うと、それぞれ個性があるので一言でこちらの方が良いと言うのは難しいのですが、特性を理解していくとどのような状況にどちらが有効か、というのは少し見えてくるかと思います。動画広告の出稿をお考えの方は、是非それぞれの特性を考慮し、目的に合うプラットフォームを選択してみてください。

初めての映像制作の方にも、ご不安なくご利用いただけるよう制作の流れやご活用方法まで、
丁寧にご案内させていただきます。お客様の映像制作のゴールを達成するため
企画~撮影、完成まで専任チームが伴走いたします。

映像制作・動画制作の
お問い合わせはこちら