0120-975-4780120-975-478
Column
映像制作・動画制作のコラム

2018年12月7日

動画制作を低価格で実現!Shibuya Movieが低価格の理由

動画制作を低価格で実現!Shibuya Movieが低価格の理由

動画制作にかかるコストとは?

会社紹介など、動画制作を依頼する場合には少なくても数十万円単位、映像の内容によっては100万円を超す費用がかかります。もちろん、それだけの価値がある媒体なのですが、できるだけ低価格で収めることができるのであれば、それに越したことはありません。どのくらいの費用が相場と言えるのかをチェックするためにも、どんなコストが動画制作にはかかっているのかを知ることは重要です。

動画制作におけるコストは、大きく分けて人件費と機材費の二つに分類されます。何らかの商品を作って売るというものではなく、労力が主なコストとなりますので、ちょっと分かりづらいコスト計算となりますが、その内訳を見れば大まかなところは理解できるでしょう。

まず、機材費としては、撮影用のカメラや照明、スタジオなどの設備類にかかる費用となります。動画制作においては消耗品の発生はあまりないので、こうした固定の機材のコストがメインとなります。プロは当然かなり高価な機材を使っていますので、どうしてもこの機材にかかるコストが高くつき、それが制作費に組み込まれることになります。

最もコストが高くなるのは人件費です。製作チームによって違いはありますが、プロデューサー、ディレクター、カメラマン、構成スタッフ、編集スタッフというスタッフが必要となることがほとんどです。撮影現場では撮影する場所やシーンによって、照明や音声、アシスタントなどの人員が必要となり、グループが大きくなることも珍しくありません。こうした人件費がかなりかかり動画制作の費用として計算されるのです。当然、動画の質が高く尺が長いものほど、企画や撮影、編集にかかる手間と時間は大きくなりますので、それに応じてコストも上がっていきます。

初めての映像制作の方にも、ご不安なくご利用いただけるよう制作の流れやご活用方法まで、
丁寧にご案内させていただきます。お客様の映像制作のゴールを達成するため
企画~撮影、完成まで専任チームが伴走いたします。

映像制作・動画制作の
お問い合わせはこちら

Shibuya Movieが低価格にすることができるのは?

Shibuya Movieでは、エントリープランを20万円からとしていて、業界内の中でもかなりお得な料金設定をしています。こうして低価格での動画制作ができるのには理由があります。前述のように、動画制作においては人件費が大きな割合を占めるのですが、その分のコストをShibuya Movieでは節約しているのです。

多くの会社では、企画や構成、撮影そのもの、編集などを別々の部署にしていて、何人ものスタッフが別々に働いています。しかし、この方法だとどうしても関わるスタッフの数が多くなりますし、連絡を取るための手間もかかりコストが上がってしまいます。

そこで、Shibuya Movieではワンストップの制作を行うようにして、無駄のない作業工程を作るようにしています。少数精鋭のスタッフ構成をしてグループを小さくすることによって、人件費を抑えることに成功しているのです。そして、同じスタッフが最初から最後まで関わることで、無駄な行程が生まれずスムーズに全ての作業が流れていきます。こうした効率の良さによってコストダウンと、納期の短縮が可能となっているのです。

もちろん、コストが安いからといって動画の品質が下がるということは決してありません。小さなグループにすることによって、むしろ無駄のない作業が可能となり、ポイントを突いた動画を作ることができるようになっています。実際に大手企業様からのご依頼も数多くいただいておりますので、その実績は高いものであると自負があります。コストを下げつつ映像の質と、お客様の持つコンセプトをしっかりと反映した表現力の高い動画を作ることができるのです。

動画制作が初めてという場合、どのくらいの費用がかかるのかと不安に思われることも多いですが、気軽に相談していただいて予算に応じた動画を制作する態勢も整えていますので、安心してご依頼いただけます。

初めての映像制作の方にも、ご不安なくご利用いただけるよう制作の流れやご活用方法まで、
丁寧にご案内させていただきます。お客様の映像制作のゴールを達成するため
企画~撮影、完成まで専任チームが伴走いたします。

映像制作・動画制作の
お問い合わせはこちら