0120-975-4780120-975-478
Column
映像制作・動画制作のコラム

2022年3月11日

SDGsを意識した動画広告、PR動画を作る会社が急増中!訴求力の高い動画を制作するコツ

SDGsを意識した動画広告、PR動画を作る会社が急増中!訴求力の高い動画を制作するコツ

環境保全のための世界的な取り組み、あるいは目標として国連会議に端を発したSDGsは、あらゆる分野で積極的に取り入れられており、昨今では世間一般にもよく知られた言葉になってきています。それに伴い、SDGsをキーワードに商品展開や広告展開をおこなう企業も増加傾向にありますが、「持続可能な開発目標」という長期的な意味合いを持った考え方であるため、SDGsはあらゆる業界にとって今後は避けては通れない大きなトピックになる可能性も十分にあり得るでしょう。
そこで今回は、SDGsを意識した動画広告を制作する際のポイントやコツを紹介していきたいと思います。SDGsに関連した取り組みを今後検討されている企業の方には、是非参考にしていただければと思います。

●動画広告へのSDGsの取り入れ方

SDGsは社会貢献的な意味合いが強く、動画広告でのPRの方法はさまざまです。例えば「まっすぐに」です。廃棄物の量を削減する取り組みをSDGsに則した活動としてPRするケースもあれば、ストレートな表現よりもさりげない表現で上手にブランドイメージを向上させているケースもあります。敢えてSDGsという言葉を使わない場合には、取り組み内容や商品紹介の演出で視聴者に気付かせる必要があるので少々難易度は上がります。では、どのようにして動画テイストを決めていけばよいのでしょうか。

まず第一に考えるべきことは、どのような企業、および業種の動画広告を制作しようとしているのか、ということです。例として、SDGsの活動に力を入れる企業の多いアパレル業界で考えてみましょう。そもそもアパレル業界はアートやデザイン、また顧客のライフスタイルとのリンクが要素としてとりわけ重要な役割を担っている業界です。また、新しいファッションに身を包むことで新しい自分に出会う楽しみなど、時には劇的な魅力が享受され、日常のストレスからの解放を求める顧客も少なくありません。
そんなさまざまなファッションメーカーやアパレルブランドの場合、直接的にSDGsを全面に出した動画広告にしてしまうと、顧客が求めているものとの乖離が生まれてしまう可能性があります。ですが、ブランドとしてはそうした取り組みを行っていることを伝えたいですし、伝えることで新たな顧客層を獲得できるチャンスでもあります。このような場合には、婉曲的な表現でSDGsの取り組みを伝えることが有効です。
反対に、例えば総合商社や、社会貢献と密接に繋がる業種の場合には、むしろ全面的にSDGsの取り組みを紹介するような内容で、場合によってはSDGsを紹介したり啓蒙するような内容でも良いでしょう。

初めての映像制作の方にも、ご不安なくご利用いただけるよう制作の流れやご活用方法まで、
丁寧にご案内させていただきます。お客様の映像制作のゴールを達成するため
企画~撮影、完成まで専任チームが伴走いたします。

映像制作・動画制作の
お問い合わせはこちら

●動画制作におけるポイント

前項でSDGsをテーマとして動画広告を制作する際には直接的な方法と婉曲的な方法の2種類があると紹介しました。本項では、実際にどのようなことを心がけて動画を制作すればよいかを紹介していきます。
まずは直接的な動画の場合ですが、こちらはSDGsに関する取り組み内容や商品を詳しく説明することが主眼となります。しかし、ただ説明するような内容だけでは訴求力はそれほど期待できません。抑えるべきポイントは、SDGsそのものの重要性を伝えること、その取り組みや商品がSDGsに如何に有用かを説明することの2つです。SDGsという言葉自体は世間にも知られるようになりましたが、その中身をよく理解していない方も多いため、この2つのポイントを抑えることで動画自体の説得力が高まり、それに伴って訴求力は向上します。

婉曲的な表現の場合ですが、これは具体的な説明が少々難しく、ケース毎の特性が強いため、基本的な考え方を紹介します。まずは、言葉を使わず映像だけでSDGsの取り組みや商品の説明をするよう意識しましょう。その際、完全に説明しきろうとしないことがコツです。あとはブランドイメージに沿った映像を用いて演出をすればOKです。あくまで婉曲的な表現なので、うっすらと匂わせることができればそれで十分と言えるでしょう。

まとめ

今回はSDGsに関連した動画広告制作について紹介しましたがいかがでしょうか。SDGsは環境問題における一つのキーワードとして、長きに渡って用いられると目されています。こうした時流に明るくない方も、是非これを機に他社の事例を参考にしながら、取り組み方を研究していただければと思います。

初めての映像制作の方にも、ご不安なくご利用いただけるよう制作の流れやご活用方法まで、
丁寧にご案内させていただきます。お客様の映像制作のゴールを達成するため
企画~撮影、完成まで専任チームが伴走いたします。

映像制作・動画制作の
お問い合わせはこちら