0120-975-4780120-975-478
Column
映像制作・動画制作のコラム

2022年1月11日

業界別動画広告の制作のポイント〜ダイエット商材編〜

業界別動画広告の制作のポイント〜ダイエット商材編〜

さまざまな誘惑やストレスに晒され続ける現代の生活において、健康維持のための活動はとても重要な位置づけにあります。
中でもぱっと見ただけで判断可能な体形維持という課題は、ある種健康維持に問題意識を持つ我々にとっての入門編のようなトピックと言えるでしょう。そのため、昨今では体形維持を図るための商品=ダイエット商材が店頭、ネットを問わずおびただしく棚でひしめき合っている状況を目にします。当然、そうした激戦区で動画広告が使われないわけもなく、ヘルシー関連の商材はYouTubeやTwitter、Instagramなどの動画が視聴可能なメディアでは、頻繁に動画広告を見かけるジャンルの一つで、さまざまなメーカーや企業がこの動画広告を利用して自社商品のPRに成功しています。
ということで今回は、そうした激戦区となっているダイエット商材の動画広告を制作する際の基礎知識やコツなどを紹介していきます。是非、こちらの記事を参考にして、激戦区でも戦える動画広告制作のポイントを掴んでみてください。

●ダイエット商材その1:健康食品

サプリメントなどの健康食品が商材の場合は、まずその商品が身体にどのような影響を与えうるか、というメカニズムの部分をわかりやすく説明する必要があります。この工程では、科学的な解説を要するので、一般の視聴者に丁寧に説明する必要があるのと同時に、ビジュアル的な要素がとても重要になってきます。一般の方に文章では伝わりづらいことを映像で紹介することが、動画広告の一つの重要な役割ですので、CG等を用いてメカニズムをイメージで捉えやすくし、視聴者に「なるほど」と思わせることを目的に納得のいく表現を模索しましょう。例えば風邪薬のCMなどが良い例です。医薬品ではないと思うので効果効能をそこまで具体的に表現することは難しいですが、薬品が人体に入り込みどの部分にどのように作用するか、という風邪薬のCMのように、ビジュアルでメカニズムを説明するような画作りを目指しましょう。

初めての映像制作の方にも、ご不安なくご利用いただけるよう制作の流れやご活用方法まで、
丁寧にご案内させていただきます。お客様の映像制作のゴールを達成するため、
企画~撮影、完成まで専任チームが伴走いたします。

映像制作・動画制作の
お問い合わせはこちら

●ダイエット商材その2:運動器具

基本的にターゲットは運動が苦手な層ということになるでしょう。ですので、その運動器具を使うことがいかにお手軽か、ということをアピールすることが最も強調すべきポイントになります。従って念頭に置くべきはその運動器具の実演シーンが、映像の中でもっとも魅力的なパートになるようにすることです。魅力的な映像と言った意味合いとしては、そこにブランディング要素も盛り込むことが可能だからです。もちろん一般的な主婦層のみを対象にするのであれば、テレビ通販のような実演シーンを参考にするのでも良いでしょう。ですがもし、そこにスタイリッシュなライフスタイルなどをブランディングとして盛り込むのであれば、参考にするべきはYouTubeなどのエクササイズ動画です。昨今では高い意識で自分磨きに励む女性を対象にしたエクササイズ動画がトレンドで、ただ運動指南をしているだけのように見えても、背景や衣装などが洗練されており、実はライフスタイルなどを含めたブランディングが女性たちの憧れる気持ちに刺さり、支持を受けているというケースが多いためです。ブランディング計画に沿って雰囲気を上手に作る、この意識を持つことがとても重要です。

●ダイエット商材その3:自己管理型アプリ

アプリのようにまだ一般的とは言えない商材をPRする場合には、まず第一にそのアプリがダイエットにおいてどのような役割を果たすのか、ということの説明に重きを置くべきでしょう。それこそが文章では伝えづらく、商品を知る上でもっとも重要な情報であり、視聴者が最も知りたい情報でもあります。

まとめ

今回はダイエット商材の動画広告制作のポイントをお伝えしてきましたがいかがでしたでしょうか。商材種別で紹介しましたが、共通する部分としては「伝えたいこと」と「知りたいこと」をバランスよく取り込んだ映像にする、ということです。動画広告作りで迷った時には、商品のストロングポイントと視聴者の求める情報をバランスよく盛り込むことを考えてみてください。

初めての映像制作の方にも、ご不安なくご利用いただけるよう制作の流れやご活用方法まで、
丁寧にご案内させていただきます。お客様の映像制作のゴールを達成するため、
企画~撮影、完成まで専任チームが伴走いたします。

映像制作・動画制作の
お問い合わせはこちら