0120-975-4780120-975-478
Column
映像制作・動画制作のコラム

2021年12月22日

「TikTok売れ」が2021年のトレンド1位に!2022年も間違いなく外せない、TikTok上での動画戦略

「TikTok売れ」が2021年のトレンド1位に!2022年も間違いなく外せない、TikTok上での動画戦略
トレンドの発信源となっているTikTokですが、「日経トレンディ2021年12月号」の「2021年ヒット商品ベスト30」で「TikTok売れ」が1位に選ばれました。若年層が歌や踊りを自由に発信する短尺動画のイメージが強いTikTokでしたが、今や動画で消費を動かす最強のプラットフォームへと進化を遂げています。企業はマーケティングツールとして大いに活用し、「インスタ映え」を超えるムーブメントになりつつあるTikTok。本記事では、TikTok上での動画戦略のコツについてご紹介します。

●TikTokの特徴とは

TikTokは「ショートムービー」の制作・投稿に特化したスマホ向けの動画プラットフォームです。TikTokでは15秒前後、長くとも1分程度の動画を簡単に制作、編集、投稿できます。短尺であることと、動画で使える音楽やフィルター、エフェクトがアプリ内に用意され、誰でも簡単にデザイン性の高い動画を作り、すぐに公開できる点が特徴です。現在、TikTokのユーザーは世界で8億人を超えると言われ、世界中のユーザーからのリーチが見込めるため、さまざまな企業がTikTokへ参入を検討しています。

初めての映像制作の方にも、ご不安なくご利用いただけるよう制作の流れやご活用方法まで、
丁寧にご案内させていただきます。お客様の映像制作のゴールを達成するため、
企画~撮影、完成まで専任チームが伴走いたします。

映像制作・動画制作の
お問い合わせはこちら

●TikTokマーケティングのメリット

TikTokをマーケティングツールとして活用する場合のメリットについて解説します。

①若年層への訴求に効果的かつ高い反応率が得られる

TikTokユーザーの約7割が10〜20代であり、他のSNSに比べても若年層のユーザーが多いため、若年層向けのマーケティングに適してます。さらにTikTokはソーシャルメディアの中でも、ユーザーの反応率が高く、ユーザーの2割がコンテンツを見た後に検索などの行動を起こしたことがあると答え、5割のユーザーはハッシュタグをつけて投稿したことが検証されています。反応率の高さが重要なデジタルマーケティングにとって大きなメリットと言えます。

②フォロワー以外へのリーチが可能

フォロワー以外のユーザーへのリーチのしやすさがTikTokを利用するメリットとして挙げられます。TikTokの広告機能の「起動画面広告」や「インフィード広告」をうまく活用することで、不特定多数のユーザーにコンテンツ配信が可能になります。また日本国外のユーザーへのリーチも可能であるため、グローバル展開にも有用です。

●企業向け!TikTok上での動画戦略

続いて、企業向けのTIkTok上での動画戦略のポイントをご紹介します。

①初めの1〜2秒で注意を引く

TikTokは上下にスライドすることで簡単に動画を切り替えることができます。操作性に優れている反面、興味がなければ見てもらうことができないシビアさがあります。そのため動画冒頭の1〜2秒でユーザーの心を掴む工夫が必要です。インパクトのある冒頭の演出や、最初に全ての情報を出さずに気を引いたり、最後にオチを用意するなどユーザー心理をくすぐる構成も有効です。

②勝敗を分ける音源選び

TikTokがトレンド発信源となった先駆けとしてTikTok発の音楽の流行があることからもわかる通り、TikTokでは音源が非常に重要な要素です。音源が良ければ成功する動画も音源がよくなければ全く注目されません。そこで音源を選択するための指針となるのが、TikTok上で「音源の使用人数」、または「流行りそう・流行っている音源」を確認することです。人気の音源を使用することで流行に乗りエンゲージメントが高まること、そして音源動画の一覧ページでユーザーの目に触れる機会を増やす効果が期待できます。

まとめ

躍進を続けるTikTokでは世界的にバズる可能性があります。TikTokの特徴を掴み、刺さる動画を制作してみてはいかがでしょうか。

初めての映像制作の方にも、ご不安なくご利用いただけるよう制作の流れやご活用方法まで、
丁寧にご案内させていただきます。お客様の映像制作のゴールを達成するため、
企画~撮影、完成まで専任チームが伴走いたします。

映像制作・動画制作の
お問い合わせはこちら