映像・動画制作会社・渋谷ムービー

0120-975-4780120-975-478

Column
映像制作・動画制作のコラム

2021年10月12日

Twitterで15秒視聴完了タイプの広告メニュー「15s view」が実装!詳細とクリエイティブの注意点を徹底解説

Twitterで15秒視聴完了タイプの広告メニュー「15s view」が実装!詳細とクリエイティブの注意点を徹底解説

動画広告の利用価値はあらゆる分野で評価され、もはや利用していない業界がないほどの広がりを見せています。そんな動画広告の隆盛に乗じ、広告効果の向上を目指した新たな動画広告フォーマットのリリースがさまざまなプラットフォームで相次いでいますが、今回ご紹介する「15s view」もその一つです。
「15s view」は、Twitterが新たにリリースした動画広告のフォーマットで、名前からもわかる通り15秒の尺をベースにした動画広告です。今回はこちらの新しい動画広告フォーマットについて紹介していきますので、現在動画広告の出稿を検討されている方や新しい動画広告のフォーマットに興味をお持ちの方は、ぜひ本記事を参考にしていただければと思います。

15s viewの概要

Twitterに追加された新たな広告メニューである「15s view」は、各ユーザーのTwitter利用歴などの蓄積された膨大なデータをもとに広告表示を最適化し、15秒の視聴完了を目的とした動画広告フォーマットです。広告表示対象であるTwitterユーザーと広告とのマッチ度だけでなく、15秒の視聴完了という目的に対しても最適化がなされているので、エンゲージメントの高い顧客の獲得に対しては非常に広告効果の高いフォーマットであると言えるでしょう。

料金体系は表示回数に応じて課金が発生するCPMとなっていますが、この広告メニューのために視聴時間が尺の95%を超えた再生回数を確認できる新たなレポート機能が追加されるなど、広告効果やKPIの可視化を助けてくれるツールの拡充もなされ、動画広告出稿経験の少ない方でも使いやすい環境が整っています。

初めての映像制作の方にも、ご不安なくご利用いただけるよう制作の流れやご活用方法まで、
丁寧にご案内させていただきます。お客様の映像制作のゴールを達成するため、
企画〜撮影、完成まで専任チームが伴走いたします。

映像制作・動画制作の
お問い合わせはこちら

15秒尺の動画制作で気を付けるべきポイントを解説!

皆さんは動画広告における15秒尺をどのように思われるでしょうか。一般的なフォーマットと対比させると、例えばテレビCMと比べれば短く、YouTubeのバンパー広告に比べれば少し長い尺という印象の方が多いと思います。

この15秒という尺の強みを知る上で大切なことは、今対比に用いた広告媒体のそれぞれの特性をまずはしっかりと理解することです。テレビCMのように60秒程度の尺がある動画広告では、動画内にある程度の内容を盛り込み、そしてその内容の理解を促すことが可能です。それは例えばブランドイメージであったり新商品・サービスの説明であったりキャンペーンの概要であったりと目的によってさまざまではありますが、とにかく内容を詰め込める尺であると言って差し支えないでしょう。そしてもう一つ重要なポイントが、多くの場合、尺の長い動画広告はスキップして飛ばすことができます。テレビCMも同様にチャンネルを変えることで視聴をやめることが可能です。

一方、YouTubeのバンパー広告のように6秒程の尺の動画広告の場合はいかがでしょう。この尺の動画広告は、一般的に認知の拡大に用いられることが多く、制作される映像は内容よりもインパクトを重要視する傾向にあります。そして、このように短い動画広告の場合はスキップができず、視聴完了した場合に次のコンテンツを楽しむことができるタイプがほとんどですが、そもそも尺が短いため、視聴者への負担も少なく視聴完了がしやすいという特性があります。

15s viewは、尺の近さから見てもこれらの動画広告の中間よりはやや短尺よりの特性が強い広告メニューであると認識するのが良いでしょう。簡単に言うとYouTubeのバンパー広告よりも少しだけ内容を盛り込む余地があり、テレビCMよりも視聴完了率が高い動画広告ということです。

15s viewだけでなく、新しい動画広告のフォーマットがリリースされた際には、まずそれが既存のフォーマットと比べた時にどの位置に置かれるのかということを確認し、その上で比較元のフォーマットの特性を明確することができれば、その新しいフォーマットの動画広告の正しい用途を導き出すことができます。

まとめ

今回は新しい広告メニューである15s viewについて紹介してきました。ポイントの項では、新しいフォーマットがリリースされた際の考え方について述べましたが、これはすべてに共通する考え方なので、是非ご自身でも試していただければと思います。

初めての映像制作の方にも、ご不安なくご利用いただけるよう制作の流れやご活用方法まで、
丁寧にご案内させていただきます。お客様の映像制作のゴールを達成するため、
企画〜撮影、完成まで専任チームが伴走いたします。

映像制作・動画制作の
お問い合わせはこちら