映像・動画制作会社・渋谷ムービー

0120-975-4780120-975-478

Column
映像制作・動画制作のコラム

2021年9月10日

YouTuberを起用したタイアップ動画広告と、運用型の動画広告。どちらに力をいれるべき?

YouTuberを起用したタイアップ動画広告と、運用型の動画広告。どちらに力をいれるべき?

技術やアイデアの革新とともに経済成長が進む動画広告市場ですが、結果として新しいものが生まれるサイクルが早まり、あまり馴染みのない方にとってはとても複雑で難しいイメージを与える業界にもなりつつあります。動画広告を使用したマーケティング手法は多岐にわたり、その中から自社のサービス及び商品をPRするのに最適な手法を判断するのは容易なことではありません。

ということで今回は、Youtuberを起用したタイアップ動画広告と運用型の動画広告を比べながら、それぞれのサービス及び商品にとって最適な動画広告マーケティング手法を見定めるためのポイントを紹介していきたいと思います。

YouTuberを起用したタイアップ動画広告のメリット・デメリット

昨今では、大手企業もこぞって利用するようになったYouTuberを起用した動画広告。いったいこの動画広告手法にはどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

昨今のYouTuberの持つ影響力は、テレビタレントと同等と言っても過言ではありません。その指標となるのがチャンネル登録者数や視聴回数になりますが、多いと100万人を超える登録者数を持つYouTuberや、総再生回数が億を超えるYouTuberもいるほどです。これだけでも十分に起用する価値が見えてきますが、ポイントはその視聴者とYouTuberとの関係性が、テレビにおける視聴者とタレントとの関係性よりも距離感が近くエンゲージメントが高いため、動画広告の影響や効果に即効性があるところです。短期的に認知の向上や獲得KPIの達成を目的とする場合には非常に効果的な手法です。

また、テレビタレントよりも起用料が安価なところも魅力の一つですが、多くの場合、視聴者は若年層に寄っている傾向にありますので、ターゲットと視聴者層が重なるYouTuberを選ぶことが必要となります。
しかしながら、視聴層を熟知し、ターゲットに刺さる動画を制作してきたYouTuberに、タイアップ動画の制作を任せることができるのは、非常にお得な感じがします。

最後にデメリット、というよりも注意点になりますが、YouTuberにも事務所などが存在してはいますが、やはり歴史が浅い分管理が甘く、問題が起きた際の対応力については不安があります。企業イメージとYouTuberが視聴者にとっては深く繋がって認識されることを考慮し、検討するべきでしょう。

初めての映像制作の方にも、ご不安なくご利用いただけるよう制作の流れやご活用方法まで、
丁寧にご案内させていただきます。お客様の映像制作のゴールを達成するため、
企画〜撮影、完成まで専任チームが伴走いたします。

映像制作・動画制作の
お問い合わせはこちら

運用型動画広告のメリット・デメリット

運用型動画広告は、制作した動画広告を自社または代理店が運用していく手法です。動画広告は、よほどのパンチ力や魅力がなければ、なかなか人に見てもらえないため、あまり知られていない企業や商品をPRするためにはかなりの努力や計画性が求められますが、逆に無名の企業でも、印象に強く残る動画広告を作成できれば一気に認知度を高めることができるのも動画広告の魅力です。

動画広告の内容から出稿先、ブランディングにいたるまで、基本的には企業サイドが主体となって運用していくことになるので、動画広告の制作会社や運用を外部に委託する場合は運用代行会社と綿密に打ち合わせをしながら進めていくことが必要です。動画広告は、テレビコマーシャルと比べて非常に安価に稼働することができる反面、リーチ数という意味では、テレビコマーシャルと比較すると少々落ちることになります。

しかし、動画広告は一度制作すればさまざまな使い方ができる広告ツールですので、さまざまな方法、例えば動画広告が載せられるプラットフォームを順番に試すことも可能です。即効性よりも、自社の手で少しずつ良い形を探っていきたい、長期的な目線を持って運用していきたいという場合にはピッタリな動画広告手法になります。

最後に改めて注意点を挙げると、ポイントはなかなか視聴回数が伸ばせないということです。タイミングや流すメディア、そして動画の内容自体をよく吟味し、ある程度はバズらせる気持ちを持って臨む気持ちを持つことが大切と言えるでしょう。

まとめ

今回はYoutuberを起用したタイアップ動画広告と運用型の動画広告を並べ、それぞれの特性と合わせてどのような目的の場合に有効であるか、ということを紹介してきました。動画広告の制作を検討する際には、その前にどのような目的でマーケティングを行うか、ということが決まっているかと思います。是非その目的に見合った動画広告のマーケティング手法を選択していただきたいと思います。

初めての映像制作の方にも、ご不安なくご利用いただけるよう制作の流れやご活用方法まで、
丁寧にご案内させていただきます。お客様の映像制作のゴールを達成するため、
企画〜撮影、完成まで専任チームが伴走いたします。

映像制作・動画制作の
お問い合わせはこちら