0120-975-4780120-975-478 お問い合わせ
Column
映像制作・動画制作のコラム

2021年1月8日

業界別動画広告の制作のポイント~金融編~

業界別動画広告の制作のポイント~金融編~

金融事業者の動画広告というと、たいていの方はテレビCMのイメージが強いかと思います。コロナ禍など各業界が不況にあえぐ状況においては、金融事業者の活躍の幅は拡大傾向にあるのではないでしょうか。そうした情勢においては、幅広い層に訴えかけることのできる動画広告を制作し、集客力を高めることを検討されている方も多くいらっしゃるかと思います。ということで今回は、金融事業者様向けの動画広告の制作のポイントについて紹介をしていきます。

動画を制作する上での考え方

せっかく動画広告を制作するのですから、しっかりとターゲットを絞ったり、制作する動画の役割をはっきりさせ、それぞれの動画の効果を高めていくべきでしょう。テレビなどでみる金融系のCMなどは、非常にざっくりと金利を説明している内容のものばかりです。

そうした内容はテレビCMという限られた時間の中で放映する広告には向いていますが、ネットの動画広告ではもう少し内容を具体的にしたほうが良いかもしれません。まず、動画広告の使い方ですが、YouTubeなどに短い尺の動画広告として制作する場合には、前述したようなテレビCMライクな動画広告作りでも構わないでしょう。

そうではなく、自社サイトや自社のYouTubeチャンネルなどを制作して動画広告を展開していくのであれば、制作するべき動画広告の内容は変わってくるでしょう。いくつもの動画で多面的に利用者の欲しい情報を提供しながら不安を解消することが、後者の方法では可能になってきます。今回は自社サイトやYouTubeなどで動画広告を展開していく方法を、以下考えていきたいと思います。

初めての映像制作の方にも、ご不安なくご利用いただけるよう制作の流れやご活用方法まで、
丁寧にご案内させていただきます。お客様の映像制作のゴールを達成するため、
企画〜撮影、完成まで専任チームが伴走いたします。

映像制作・動画制作の
お問い合わせはこちら

基本的なシステムについて解説する

基本となる金利やシステムについて、しっかりとわかりやすく説明する動画を制作するべきでしょう。金融サービスの未経験者の中には、最初の一歩目が踏み出せないという方が多くいます。その理由はさまざまですが、多くの場合がシステムに対しての不安感です。

金利や返済額などをきちんと納得できれば利用したいと考えている方は少なくありません。CGアニメーションなどで緊張を緩和しながら、まずはわかりやすく解説する動画を制作してみてはいかがでしょうか。「どれだけ借りるといつまでにどれだけ返済しなければならない」、など当たり前のことが、未経験者にとってはとても不安です。

しかし、実際に利用してみると「あ、こんなものか」と思っていた印象とは異なる印象を持つ利用者が多いのもまた事実です。まずはもっとも重要な部分をしっかりと説明する動画広告を制作しましょう。

シミュレーション動画を制作する

続いては、さまざまなケースに合わせたシミュレーション動画について紹介します。前項の動画で基本システムを視聴者に理解していただいた次は、そのシステムを利用したシミュレーション動画を制作します。

主婦のケースや学生のケース、サラリーマンのケースなど、ドラマ仕立てにしたシミュレーション動画を制作することで、利用し借入した時から返済までの流れをわかりやすく、ケースにあてはめながら紹介することで、視聴者に臨場感を与えながら利用までのハードルを下げることができます。

とにかく未経験の方には、利用から返済までの一連の流れをしっかりと理解していただき、不安や怖いなどのイメージを払拭してもらう必要があります。このようにケース毎に紹介していくことで、間口を広めていくことも可能です。

まとめ

今回は金融事業者向けの動画広告の制作のポイントを紹介してきました。やはり金融というと少し怖いイメージを持たれたり、不安をもたれたりすることが多いかと思います。しかし実際に利用をしてみると、「あ、そんなことなかったな」というのも金融あるあるです。したがって、できる限り利用者のハードルを下げられるような動画広告を制作するのがポイントになります。そのあたりを意識しながら動画を企画すると良いでしょう。

初めての映像制作の方にも、ご不安なくご利用いただけるよう制作の流れやご活用方法まで、
丁寧にご案内させていただきます。お客様の映像制作のゴールを達成するため、
企画〜撮影、完成まで専任チームが伴走いたします。

映像制作・動画制作の
お問い合わせはこちら