0120-975-4780120-975-478
Column
映像制作・動画制作のコラム

2020年12月4日

業界別動画広告の制作のポイント~美容室(ヘアサロン)編~

業界別動画広告の制作のポイント~美容室(ヘアサロン)編~
さまざまな業種から注目されている動画広告ですが、昨今ではヘアサロンが動画広告を制作するケースも非常に増えてきています。もともとライバルの多いヘアサロン業界においては、他のサロンと差をつけるためにさまざまな宣伝の工夫が行われてきました。中でも今もっとも注目を浴びているPR手法である動画広告を制作することが、ヘアサロンにとってどのようなメリットがあるのか、また実際にヘアサロンの動画広告を制作する際のポイントは何か、という疑問について今回はわかりやすく紹介していきたいと思います。

■流行るヘアサロンは口コミや紹介での集客が重要

元来、流行っているヘアサロンの集客力のベースは、口コミや紹介などの繋がりから派生する集客が肝になっています。小さな規模でも長く続いているヘアサロンは当然実力も必要ですが、有名店ではそうした繋がりが生み出す集客力が重要になっています。TwitterやInstagramなどのSNSでのPRに注力しているヘアサロンが多いのも、SNSで発生する拡散が「いいね!」やレビューのような口コミ機能を備えた媒体であることが大きな理由になっています。

しかし、なかなかそれだけでは実際に足を運ぶに至らないというのが実情で、SNSを集客源にしているヘアサロンはさらに一工夫をおこなっています。その一工夫とはなにか、それこそが動画広告を制作することです。多くの場合、SNSにあげられているPRコンテンツはカット後の画像であることがほとんどです。

ですが、カット後の画像だけでは仕上がりのイメージは沸きますが、お店の差別化にはつながりません。お店の雰囲気や器具、または実際にカットしている映像がそこに加わることで、視聴者に臨場感を与えることでき、視聴者の気持ちをさらに来店に向けさせることができます。重要なことは、そのお店でカットしている自身の姿を視聴者にイメージさせることです。

初めての映像制作の方にも、ご不安なくご利用いただけるよう制作の流れやご活用方法まで、
丁寧にご案内させていただきます。お客様の映像制作のゴールを達成するため、
企画〜撮影、完成まで専任チームが伴走いたします。

映像制作・動画制作の
お問い合わせはこちら

■動画の内容はどのような映像にするべきか

基本的には利用者が知りたいと思うことを素材にするべきでしょう。店内の空間や清潔感、こだわりの雰囲気を伝えることはとても重要です。さらにはお店で使用している機材など、最新のものを取り揃えている場合には是非アピールするべきです。

視聴者自身があまり気にしていないと思っていても、あまり見慣れない器具や機材が視聴者に目新しいものに映り興味を惹きつけるというケースも少なくありません。普段あまり目にしないような光景や物や事柄が意外と多いのもヘアサロンの特徴なので、そうした映像は視聴者にとって刺激的であったり臨場感を高める効果も期待できます。

次におすすめなのが、実際の施術風景です。ヘアサロンではヘアカットはもちろん、洗髪や染髪、パーマにヘッドスパなど、多岐にわたる施術が行われているかと思います。そのすべてを見せる必要はありませんが、中でもとりわけ注力しているサービスや特徴的なサービスがあるのであれば、その施術風景を紹介しない手はありません。

現在はヘアサロンがYouTubeにチャンネルを持ち、さまざまな施術風景をアップロードしてアピールしているケースも少なくなく、見せられる技術はできるだけオープンにしていくのが現代のやり方と言っても過言ではありません。できるだけ惜しみなく、サロンの魅力を詰め込んだ動画制作を目指すのが、良い動画広告を制作するための近道になるでしょう。

まとめ

今回はヘアサロン編ということで動画広告制作のポイントを紹介してきました。業種によってポイントが異なる部分もありますが、基本的に視聴者が知りたいと思っていることに焦点を当てた動画広告づくりをすることが、もっとも良い動画広告をつくるための近道であることは共通しています。動画広告制作で悩んだ際は、是非、視聴者の視点に立って考えてみることをおすすめします。

ShibuyaMovieでは、お店の雰囲気やターゲットに合わせた最適な集客映像を提案から制作までワンストップで対応しております。集客に映像を取り入れたいとお考えの方は是非お気軽にご相談くださいませ。
集客映像についての詳細はコチラ

初めての映像制作の方にも、ご不安なくご利用いただけるよう制作の流れやご活用方法まで、
丁寧にご案内させていただきます。お客様の映像制作のゴールを達成するため、
企画〜撮影、完成まで専任チームが伴走いたします。

映像制作・動画制作の
お問い合わせはこちら