0120-975-4780120-975-478
Column
映像制作・動画制作のコラム

2020年11月27日

業界別動画広告の制作のポイント~学校編~

業界別動画広告の制作のポイント~学校編~
学生の学校選びといえば学校が制作したパンフレットや出版されているカタログガイドを見て、気になった学校の見学会に参加する、という流れが一般的でした。しかしながら、現在ではそのかたちも大きく変わり、多くの学生がネットやSNSから得た情報で学校選びをするようになっています。

そうした時勢に沿って今、多くの学校がPRに取り入れているのが動画広告です。時間のない現代社会において、いかに効率的に情報を得るかという学生たちのニーズに合ったPR方法をとることが学校側にとっても重要な課題になっています。今回は、学生に選ばれる学校になるための動画広告の制作のポイントや、動画広告を制作メリットについて詳しくご紹介していきます。

■学校がなぜ動画広告を制作するのか

既存のパンフレットやカタログなどの媒体に比べ、動画広告はより多くの情報を学生に提供することができます。厳密にいえばデータや実績などの特定の情報については紙媒体の方がわかりやすく伝えられることが多いのですが、もっとも学生にとって大切な「学校の魅力」については、動画媒体に優位性があることは間違いないでしょう。

そもそもこのネット社会の時代に、オンラインを活用したPRをしていない学校は、もはや学生たちにとっては時代遅れで選択すべきではない学校として捉えられてしまい、そうした学校の受験者数は明らかに減少傾向にあることがわかっています。学生たちも、塾や部活などのこなすべき事柄の多い日々の中で、インターネットでサクッと確認できる動画広告があれば余計な時間を費やす必要がありません。

魅力的な動画広告は生徒を惹きつけるだけでなく、SNSなどで拡散されていくことで更に波及していくことも期待できます。実際には見学に行かないとわからない施設や設備、学校の雰囲気や授業風景、部活動の様子など、そうしたPRしたいポイントを動画広告であればしっかりと学生たちに伝えることができます。

また、遠方の学生に対しても動画広告なら平等に学校の様子を伝えることができ、近隣以外の学生たちにとっても嬉しいコンテンツであることは間違いありません。このように、動画広告を制作することには非常に多くのメリットが学校側にも学生側にもあるということが、今多くの学校が動画広告の制作に乗り出している大きな理由になっています。

初めての映像制作の方にも、ご不安なくご利用いただけるよう制作の流れやご活用方法まで、
丁寧にご案内させていただきます。お客様の映像制作のゴールを達成するため、
企画〜撮影、完成まで専任チームが伴走いたします。

映像制作・動画制作の
お問い合わせはこちら

■学校の動画広告どのような内容であるべきか

では、学校の制作する動画広告はどのような内容であるべきでしょうか。一番に念頭におくべきことは、学生たちにその学校で学生生活をおくるイメージを持たせられるような映像にすることです。校舎は一体どのような建造物なのか、これだけでも紙の媒体ではなかなか伝えきれるものではありません。

学校の施設や設備などのイメージは圧倒的に映像の方が紙媒体よりもつたえやすく、学生たちが気になるポイントでもあります。実際の授業風景を紹介するのも良いですが、実は授業風景というのはあまりどこの学校も変わり映えがせず、退屈な映像になってしまいがちです。それよりは部活動風景や学園祭などのイベントの様子を紹介するほうが、学生たちにとっては魅力的に映るかもしれません。堅苦しい内容は紙媒体で確認してもらい、映像媒体ではできるだけ楽しいイメージを伝えるように考えて制作するのが良いでしょう。

まとめ

今回は学校が制作する動画広告のポイントや、制作するメリットについて紹介してきました。時代の流れもあり、ネットでの学校PR戦略は、今やもっとも重要なコンテンツとして扱われるようになりました。その中でも動画広告は非常に重要視され、各学校が力をいれて制作するコンテンツになってきています。まだ動画広告の制作に着手できていないという学校は、是非、本記事を参考に、動画広告の制作を検討していただければと思います。

ShibuyaMovieでは、学校の特色や雰囲気、求めている学生像に合わせた集客映像を提案から制作までワンストップで対応しております。集客に映像を取り入れたいとお考えの方は是非お気軽にご相談くださいませ。
集客映像についての詳細はコチラ

初めての映像制作の方にも、ご不安なくご利用いただけるよう制作の流れやご活用方法まで、
丁寧にご案内させていただきます。お客様の映像制作のゴールを達成するため、
企画〜撮影、完成まで専任チームが伴走いたします。

映像制作・動画制作の
お問い合わせはこちら