0120-975-4780120-975-478
Column
映像制作・動画制作のコラム

2020年11月17日

YouTuberに動画広告を依頼するときはここに注意!

YouTuberに動画広告を依頼するときはここに注意!
昨今、商品やサービスの動画広告を制作する際の新しい選択肢として注目されているのが、YouTuberとのコラボ動画、つまり案件動画の制作をYouTuberへ依頼するという方法です。彼らの持つ影響力はそのチャンネル登録者数を見れば一目瞭然。ターゲット層によってはテレビをはるかに上回る効果も期待できます。

今回はYouTuberに動画制作を依頼する際の注意点などをご紹介していきます。動画広告の制作を検討中の方は、YouTuberに動画広告の制作を依頼するそもそものメリットなども含めて紹介していきますので、是非チェックしてみてください。

■YouTuberに動画広告を依頼するって?

そもそも、YouTuberに動画広告を依頼する、ということの意味がわからない方もいらっしゃるでしょう。YouTuberに動画広告を依頼する場合のもっとも基本的な方法は、YouTuberに自社製品やサービスをアピールする動画の制作を依頼し、彼らのチャンネルからその動画を配信してもらうことです。基本的に動画制作はすべてYouTuberに任せるかたちになるため、あらかじめ依頼するYouTuberの動画、特に前例として案件動画が制作されている場合はチェックしておく必要があるでしょう。

■YouTuberに動画広告を依頼するメリット

動画広告を打とうとしている商材やサービスによっては、YouTuberに動画制作を依頼する方がテレビCMを制作するよりもはるかに効果を上げることができます。というのも、YouTuberは自身の視聴者層を完全に把握しており、基本的にその視聴者層に合わせた動画を制作しているため、いわば彼らの視聴者層を楽しませることの専門家なのです。

よって、自社製品のターゲット層が依頼対象のYouTuberの視聴者層と噛み合った場合には、不特定多数が対象となるテレビCMに広告を打つよりもより安価で効率的に届けたい層へアピールをすることが可能だということです。効率的な動画広告戦略として、YouTuberの起用は既に一般的な手法になってきています。

また、一度配信された動画は以降もチャンネルリストに残されるため何度でも視聴される機会があり、継続的にPRできるだけでなく、そのYouTuberの影響力が大きくなればなるほどその効果も増していくというメリットもあります。

初めての映像制作の方にも、ご不安なくご利用いただけるよう制作の流れやご活用方法まで、
丁寧にご案内させていただきます。お客様の映像制作のゴールを達成するため、
企画〜撮影、完成まで専任チームが伴走いたします。

映像制作・動画制作の
お問い合わせはこちら

■YouTuberに動画広告を依頼する際の注意点

効率的にターゲット層に向けたPRを行うことができるYouTuberへの案件動画の依頼にも、気を付けるべき注意点があります。まず一つ目は、人選です。YouTuberはその影響力の大きさから、もはや芸能人と同様の見方を一般的にはされる存在です。芸能人同様、何かスキャンダルやトラブルが起こった場合の影響は、彼らの持つ影響力に比例すると考えるべきでしょう。

何かあった際にはチャンネルの削除や閉鎖、YouTubeからのアカウント停止など、せっかく制作した動画広告がその機能を果たせなくなってしまう可能性も念頭に置いておきましょう。多くの場合、信用に足るチャンネル登録者数の多いYouTuberは事務所に所属しているケースが多いため、保証なども考えると事務所所属のYouTuberへ依頼するのが無難だと言えるでしょう。

二つ目は、制作した動画の著作権は制作した相手側にあるという点です。その他のシーンでの利用を検討している場合には要交渉となります。

三つ目は、内容です。過去には、案件動画であることを隠し、いかにもそのYouTuberが普段からその製品を利用している風に装った動画を制作し、その内容がステルスマーケティングにあたるということで、PRどころか多くの視聴者から非難され、まったくの逆効果になってしまった案件動画も存在します。以上のようなポイントには十分に注意を払うべきでしょう。

■まとめ

いかがでしたでしょうか。YouTuberに動画広告を依頼する手法は、今後、必ず一般的なものになると言われており、すでにテレビCMよりもYouTuberへの依頼を優先している企業も出てきています。是非、動画広告を制作の際は一つの選択肢として検討してみてください。

初めての映像制作の方にも、ご不安なくご利用いただけるよう制作の流れやご活用方法まで、
丁寧にご案内させていただきます。お客様の映像制作のゴールを達成するため、
企画〜撮影、完成まで専任チームが伴走いたします。

映像制作・動画制作の
お問い合わせはこちら