0120-975-4780120-975-478
Column
映像制作・動画制作のコラム

2020年11月13日

業界別動画広告の制作のポイント~飲食店編~

業界別動画広告の制作のポイント~飲食店編~
さまざまな業種にその利用方法の広さが注目されている動画広告ですが、まだまだ制作に踏み切れなかったり、悩んだりされている方も多いかと思います。今回は飲食店にスポットを当て、動画広告の利用方法や、動画広告を制作するメリットを紹介していきますので、広告におけるアプローチ方法を検討されている方は是非参考にしてみてください。

■飲食店における動画広告の利用方法

一口に動画広告と言っても、目的や使い方によって制作するべき動画の内容は異なります。SNSやYouTubeなど、媒体によって適正な動画の再生時間が変わってくることを前提として抑えておくべきでしょう。しかしながら、飲食店であれば多く場合、自社サイトやSNS、YouTubeを絡めた拡散方法を検討している場合が多いかと思います。

そうした場合には、およそ2、3分、長くても4分程度の尺を想定しておくのがおすすめです。というのも、まず第一にあまりに尺の長い動画は最後まで見てもらえることが少なく、そもそも尺が10分とわかった段階で視聴を敬遠されてしまうケースも多いことが理由の一つです。

もう一つは2、3分という尺は意外と長く、思っているよりも多くの情報を詰め込むことができるということも挙げられます。SNSでの動画拡散を狙う場合には、拡散してくれる利用者が拡散しやすい尺にすることも重要なポイントになりますので、目的や用途をトータルで考えながら一つひとつの要素を決定していく必要があります。

■動画広告の制作メリット

前項で想定したように、SNSを絡めた拡散を狙う場合、成功すれば飲食店にとって嬉しいメリットがいくつか付随します。
まず一つ目は、もっとも重要な口コミでの広がりを期待できることです。利用者それぞれの信頼によって繋がるリンクの中で拡散されていくことは、不特定多数に対して行うPRよりも費用対効果の面で効率的である場合が多くあります。雑誌媒体などに掲載されれば遠くから足を運んでくれるお客様が一時的に増加する可能性は高まりますが、リピート率という面でいうと、実際の利用者から拡散されることの方が近隣の方や身近な方への訴求効果が高く、期待できると考えられます。

さらに良いことは、拡散される際には多くの場合、利用者のレビューが付随するケースが多いことです。実際に利用した方の感想が与える影響は、グルメサイトなどでレビューが重要視されていることを鑑みれば一目瞭然です。このような想定外の効果が発生することも期待できることが、ネットを使った広告のメリットであると言えるでしょう。

初めての映像制作の方にも、ご不安なくご利用いただけるよう制作の流れやご活用方法まで、
丁寧にご案内させていただきます。お客様の映像制作のゴールを達成するため、
企画〜撮影、完成まで専任チームが伴走いたします。

映像制作・動画制作の
お問い合わせはこちら

■動画広告の内容はどうするべきか?

利用者にとって動画広告の良い点は、実際の雰囲気を映像で確認することができるという点です。店内の雰囲気や営業中の様子、調理風景やスタッフの様子など、本来であればあらかじめ確認できない内容を盛り込むイメージで制作していくことが成功のポイントです。特別こだわっていることがある場合には是非動画に盛り込んでアピールするべきですが、基本的に能書きが先行するような映像にはするべきではないでしょう。

2、3分という尺の中でそこまで一つのことにスポットライトを当ててしまうと、ほとんどそのこだわりについてだけ語れる動画になってしまうので、来店を目的とするPRとしてはうまくいかないでしょう。それよりは、調理風景や料理の映像など、音や匂いが伝わっていくような五感を刺激するシズル感を意識した映像を目指すべきでしょう。視覚的にこの料理を食べてみたいと思わせるような映像づくりをすることがもっとも優先すべきポイントであることを抑えておきましょう。

アクセスがわかりにくい場合には、最寄駅からのルートを早回しでつけておくのも有効です。そうすることで、お店周辺の雰囲気も伝えることができ、デートでの利用や家族連れ、特に小さなお子さんのいらっしゃる家族には、安心して行けるかどうかの良い判断材料になります。

■その他の利用法

最近では新型コロナウイルスなどで自宅での自粛を強いられる方のために、レシピを公開するお店が増えてきました。そんなことをしては、余計にお店に食べに来なくなってしまうのでは?と心配になる方もいるかもしれませんが、なんとその逆でそうした宣伝方法が客足に良い影響を与えているケースが非常に増えてきています。

実際のレシピを公開することでお店の味の雰囲気を直に感じさせることができ、これをシェフが作ったらどれだけ美味しくなるだろう、他にはどんなメニューがあるんだろう、とより多くの期待や情報を与えることができます。

まとめ

今回は飲食店向けの動画広告制作のポイントやそもそも動画広告を制作するメリットなどを紹介してきました。これはあらゆる業種に共通していえる基本でもありますが、動画広告を制作する場合には目的や用途などの要素を含めてトータルで考えて内容を練っていくことが大切です。

Shibuya Movieでは、飲食店向けの動画制作のご相談を承っております。制作を検討中の飲食店様は、一度お問い合わせください。
集客映像制作の詳細はコチラ

初めての映像制作の方にも、ご不安なくご利用いただけるよう制作の流れやご活用方法まで、
丁寧にご案内させていただきます。お客様の映像制作のゴールを達成するため、
企画〜撮影、完成まで専任チームが伴走いたします。

映像制作・動画制作の
お問い合わせはこちら