映像・動画制作会社・渋谷ムービー

0120-975-4780120-975-478

Column
映像制作・動画制作のコラム

2020年9月29日

業界別!動画広告の制作のポイント〜ヘアケア商材編〜

業界別!動画広告の制作のポイント〜ヘアケア商材編〜

ネット上で流れる動画広告は、ヘアケア商材の宣伝手段としても注目されています。今回は、ヘアケア商材の動画広告を制作するメリットや、制作の際のポイントをわかりやすく解説していきます。現在、ヘアケア商材の宣伝手段でお悩みの方は是非、こちらの記事を参考にしてみてください。

■動画広告を制作するメリット

ヘアケア商材に限らず、動画広告は現在さまざまな業界から注目されている、宣伝分野においてはホットな広告手法です。理由はいくつかありますが、インターネットの普及率と回線技術の向上が最も大きな要因といえるでしょう。

総務省の発表した令和元年版情報通信白書では、60代のインターネット利用率は男女ともに70%強、50代に至っては男女ともに90%強という、とても高い使用率を示すデータが掲載されており、幅広い層が日常的にネット上の広告を目にしていることがわかります。

また、昨今では各携帯大手キャリアから5G回線がリリースされ、より早く大容量の通信が可能になることで質の高い動画広告をますます円滑に配信することができるようになりました。ヘアケア商材のような幅広い層に需要のある商材は、今後広告の主流となっていくネット動画広告との相性も非常に良いのです。

インフラが整備されれば、いつでもどこでも動画を見ることができますし、配信者側も消費者に動画を見てもらう機会を増やすことができます。今後この流れが加速することはほぼ間違いないでしょう。

初めての映像制作の方にも、ご不安なくご利用いただけるよう制作の流れやご活用方法まで、
丁寧にご案内させていただきます。お客様の映像制作のゴールを達成するため、
企画〜撮影、完成まで専任チームが伴走いたします。

映像制作・動画制作の
お問い合わせはこちら

■ヘアケア商材の動画広告を制作する際のポイント

動画広告を制作する際のポイントは、どのような枠にどのような尺で掲載するのかによっても変わります。YouTubeのバンパー広告といわれる6秒尺の枠に掲載するのと、1分以上の尺の動画広告を制作するのとでは、その内容やポイントは当然変わってきます。

そのため、まずはどのような尺でどのような枠に掲載するのかということから考え始めなければなりません。今回はバンパー広告に掲載する場合と、2分程度の尺で掲載する場合とで、それぞれの基本的なポイントを紹介していきます。

まずバンパー広告に掲載する場合ですが、6秒という枠の中で何を伝えるのかということも大切ですが、なによりインパクトのある映像で視聴者に「これはなんだろう?」と興味を持たせることが大切になります。詳しい成分の説明やこだわりについては、自社サイトや商品ページで確認してもらいましょう。一時テレビCMでも流行した「続きはwebで」の方式です。場合によってはなんの商品の動画広告がわからなくても、かえってその方が詳細ページへの誘導効果が期待できます。きちんとヘアケア商材の動画広告であることを伝える場合には、ツヤツヤになった髪を強調するような、そのヘアケア商材の使用後のイメージを伝える映像にするか、もしくはそのヘアケア商材をライフスタイルなどと結びつけたイメージを強く連想させる映像にし、興味を湧きたてる内容にするのがポイントです。

どうしても商品の説明を挿入したい場合には、とてつもなく早口で6秒に収めるか、あるいは敢えて収まらない動画広告にするというのも、インパクトがあるかもしれません。

続いて1分以上の尺で制作する場合ですが、この場合もやはり説明しすぎる内容にしてしまうのは禁物です。あくまで詳しい説明は自社サイトへの誘導で行い、ライフスタイルと関連付けた映像や使用後をイメージさせる映像づくりを心がけましょう。

比較的高齢者層向けであればその限りではなく、むしろ説明に時間を割いたり使用者の声などを届けるのが良いでしょう。ターゲットとなる年代に合わせて構成を考えることも非常に大切です。

まとめ

改めてポイントを整理すると、

・説明しすぎない
・詳しい内容は自社ページへ誘導
・ライフスタイルと関連付けるようなイメージを強調する(商品を使うことで日常がどのように変化するのか)

となります。他にも実際に掲載されている動画広告から良い部分を真似するのも有効ですので、制作する側の視点で是非、他の動画広告も参考にしてみてください。

初めての映像制作の方にも、ご不安なくご利用いただけるよう制作の流れやご活用方法まで、
丁寧にご案内させていただきます。お客様の映像制作のゴールを達成するため、
企画〜撮影、完成まで専任チームが伴走いたします。

映像制作・動画制作の
お問い合わせはこちら