映像・動画制作会社・渋谷ムービー

0120-975-4780120-975-478

Column
映像制作・動画制作のコラム

2020年3月10日

スポーツ観戦をもっと楽しむ!事例で紹介するスポーツにまつわる動画事情の変化

スポーツ観戦をもっと楽しむ!事例で紹介するスポーツにまつわる動画事情の変化

ひと昔前と比べるとスポーツ及び格闘技好きの方の嗜みが大きく変化してきました。以前は実際の試合観戦と専門誌や専門書、またはDVDや特集番組とを行き来しつつ、ネットなどで同じの趣味の方が見つかれば蓄えた知識や思い出を語り合い今後の展開を予想しながら次の試合観戦を心待ちにするというのが、スポーツ好きや格闘技好きの方の主な嗜み方でした。

しかしながら動画メディアの凄まじい普及によって、スポーツ及び格闘技好きの方の楽しみ方がここ数年でガラりと変わり、今ではファンがコンテンツを制作する時代に入りました。今回はそんな、スポーツ観戦がもっと楽しくなる新時代の動画コンテンツを事例とともに紹介して参ります。

・RIZIN CONFESSIONS

いま日本で最も熱い格闘技団体といえばこのRIZINです。RIZINはYouTubeの公式チャンネルにて、初めて観戦される方にも格闘技マニアにも受け入れられる動画コンテンツを定期的にアップロードしています。

内容は主に出場選手のインタビューや練習風景なのですが、試合前の緊迫した雰囲気が伝わり次の開催が待ち遠しくなる受け合いです。時には選手の過去にまつわるドキュメンタリー的な内容の動画もアップされたりトップ選手による試合のレビューなども行われ、スピーディな試合展開の中で選手同士がどのような駆け引きを行って試合を進めていたのかが分かる内容も。

このシリーズは再生数も安定して高く、スポーツや格闘技においてこうした二次的情報がいかにファンを喜ばせる要因になっているかということを証明していると言えるでしょう。また、ファン同士のやりとりがコメント欄で行われるようになり、団体とファンの双方にとって世論が確認しやすくなったのも大きな変化の一つと言えます。

・Leo the football TV

こちらはサッカーの試合や戦略の解説をメインとしているユーチューバーの動画シリーズです。ユーチューバーだからと言って侮ってはいけません。テレビ解説とは違い歯に衣を着せぬ物言いと的確な解説は多くのサッカーマニアから支持を受けており、あの本田圭佑もツイッターで支持したほど。実際に現代のサッカーを解説する書籍なども書いており、解説者、分析者としての実力は折り紙付きです。意外と多いのが、結局経験者でないとフィールドで何が起きているのかがよくわからず、点が入るなどの派手なアクションが起きるまでは何を見ていれば良いのかわからないという、ファンの間に起きるジレンマです。

例えばフェンシングなどは、一時メダリストが日本から生まれ盛り上がりはしましたが、結局何が起きているのか初心者にはわかりづらいということでなかなか市民権を得るに至らないという状況が続いています。このようにファン側が発信することでより幅広い層に受け入れられるコンテンツが生まれるというのも現代の一つの特徴です。

・フェンシング競技ルール説明

こちらはYouTubeにアップロードされているフェンシングのルール説明動画です。こちらも協会やオリンピックの公式チャンネルではないのですが、CGなどを使用し非常にわかりやすく解説がされています。エンターテイメント性についてはテレビなどのメディアには敵わない部分もあります。制作する側に立って考えれば、もし動画のクオリティを上げようと考えるならば、現在では比較的安価で制作依頼をすることも可能なので一考の余地があるところ。アイデアを形にするのが簡単な時代になったことが、ファンがコンテンツを制作する時代になった最大の理由でもあります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。このように動画コンテンツの隆盛によって、発信する側と受け取る側、プレイヤーと観戦者の垣根が少しずつ形を変え、動画コンテンツがスポーツに大きな影響を与えていることがお分かりいただけたでしょうか。既に発信者が誰であるか、ということが問われなくなり面白いコンテンツに再生数が集まる時代になっています。是非、皆さんもそうした流れを理解しながら今後もスポーツ観戦を楽しんでみてください。